ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

一般家庭およびオフィス等の室内環境中化学物質リスクの包括的評価と毒性同定評価(平成 24年度)
Risk assessment of hazardous chemicals during the product life cycle in house and office environments

予算区分
CD 文科-科研費
研究課題コード
1114CD003
開始/終了年度
2011~2013年
キーワード(日本語)
ハウスダスト,バイオアッセイ/化学分析,難燃剤
キーワード(英語)
indoor dust, in vitro bioassay combined with chemical analysis, flame retardants

研究概要

本研究では、in vitroバイオアッセイ/化学分析/in vivo毒性試験を統合して室内環境に存在する化学物質リスクの包括的評価と毒性同定評価を行い、室内の生活環境や労働環境でモニタリング及び詳細なin vivo試験を実施すべき優先評価化学物質を、科学的根拠に基づいて提示することにある。具体的には、(1)国内外の生活環境や労働環境で採取したハウスダストを用いた室内環境に存在する化学物質リスクのキャラクタリゼーション、(2)国内の室内環境に存在する毒性リスクに関連する化学物質の検索同定、(3)同定化学物質のin vivo毒性試験、(4)in vivo毒性を示す化学物質の定量分析による毒性同定評価とヒト曝露評価、これら課題を実施して研究目的を達成する。本研究の着実な実施によって、室内に設置されている家庭系製品等の使用時の明らかにされていない化学物質リスクを明示できる可能性がある。

研究の性格

  • 主たるもの:技術開発・評価
  • 従たるもの:応用科学研究

全体計画

生活環境や労働環境に存在するモニタリング及び詳細なin vivo試験を実施すべき優先評価化学物質リストを提示するために、申請研究では、4つの研究課題、すなわち(1)国内外の生活環境や労働環境中ハウスダストを用いた室内環境化学物質の包括的リスク評価、(2)室内環境に存在し毒性リスクに関与する高活性化学物質の検索同定、(3)同定化学物質のin vivo毒性試験、(4)in vivo毒性を示す化学物質の定量分析による毒性同定評価やヒト曝露評価を順次遂行する。

<平成23年度>
(1)国内外のハウスダストを用いた室内環境中化学物質リスクの包括的評価

<平成24年度>
(2)複数ハウスダスト試料を用いた室内環境中化学物質リスクの一般性評価
(3)室内環境中化学物質としての難燃剤等樹脂添加剤によるリスクの包括的評価
(4)国内の室内環境に存在する毒性リスクに関連する化学物質の検索同定

<平成25年度>
(5)ハウスダストで同定された化学物質のin vivo試験
(6)定量分析によるin vivo毒性化学物質の毒性同定評価とヒト曝露評価

今年度の研究概要

 平成24年度は、平成23年度の結果に基づき、ハザード強度の高い日本及びアメリカのハウスダストを対象として多検体評価(日本、n=44;アメリカ、n=22)を行い、検出ハザードの一般性・レベルを把握する。次いで、近年ハウスダストから非常に高い濃度で検出され、国際的・学術的に懸念・関心が高まっている難燃剤のハザード特性評価を行い、ハウスダストのハザード特性との比較を実施する。両検討の結果に基づいて重要性の高いエンドポイントについて、ハザード寄与物質の同定検索アプローチに着手する。

関連する研究課題

課題代表者

鈴木 剛

  • 資源循環・廃棄物研究センター
    基盤技術・物質管理研究室
  • 主任研究員
portrait