ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

アジア地域の持続可能な都市システムと廃棄物管理に関する研究拠点形成(平成 24年度)
Design of research hub for sustainable urban system and waste management

予算区分
AQ センター調査研究
研究課題コード
1115AQ042
開始/終了年度
2011~2015年
キーワード(日本語)
アジア連携,持続可能性,災害環境研究,研究拠点,能力開発,廃棄物
キーワード(英語)
Asian collaboration, Sustainability, Research on disaster environment, Center of excellence,, Capacity development, Waste

研究概要

アジア地域においては、都市の拡大に対して廃棄物管理の発展が追いつかず、廃棄物管理由来の環境問題が深刻化する状況にある。不適切な廃棄物管理の代表例としては、野焼き、オープンダンピング、手工業的な資源回収などが挙げられ、こうした活動に伴う健康被害や人命の損失など、最低限の公衆衛生さえ確保しきれていない現状が指摘されている。また、昨年タイで発生した水害においても廃棄物管理は大きな問題となり、都市化の進行と防災対策の遅れのひずみが、問題を増幅させていることは明らかである。都市廃棄物問題には、文化や気候の影響を強く受ける地域特異性が反映される反面、共通の問題発生構造や近隣地域での類似性もあることから、各都市・地域で個別の課題解決に向けた知見や経験の共有により、迅速かつ効率的に地域課題の解決策を提示することが期待される。また、都市の将来計画の立案においても、他都市の取組事例(失敗事例も含む)や社会システム評価の蓄積を元に、社会の実情にあった選択肢の発信が可能になると考えられる。以上のように、社会で研究者コミュニティが求められている科学的知見や成果の発信を支援するクラスタの形成を、本研究拠点形成の第一義に置く。あわせて次世代の研究者育成とその早期からのネットワーク化を図る。その目的は、循環・廃棄物分野におけるアジア地域の多様な人材を発掘・育成することで、分散かつ限定された各国の研究者からの発信力を強化することで社会に貢献することにある。

研究の性格

  • 主たるもの:モニタリング・研究基盤整備
  • 従たるもの:技術開発・評価

全体計画

キングモンクット工科大学との埋立処分に関する共同研究や、昨年度のタイ水害への支援を目的とした現地への職員派遣による水害廃棄物管理方策への助言やセミナーの開催を実施した実績を踏まえ、これらを中核とした拠点形成を進める。すなわち、NIES所属の研究者とアジア地域の研究者の間での、ワークショップ形式での実践的な研究シーズとリソースのマッチングを通じて、研究の連携的実施ならびに多国間ネットワークでの情報共有のためのプラットフォームを構築する。その持続性を高めるために、各国の主要都市および地方都市が必要とする科学的知見を提供するデータベースシステムを構築する。また、参画研究者の指導する学生および研究生の指導・教育・研修などの各種機会を設け、能力開発と横断的ネットワークの構築をすすめる。短・中期でのNIESでの受け入れによる研修や、NIES研究者が国外で実施している共同研究への一部参画など、柔軟な人材受け入れによる研究促進ならびに活性化をはかる。

今年度の研究概要

東南アジア地域での研究拠点として、タイキングモンクット工科大学内にNIES/カセサート大学/キングモンクット工科大学のコラボレーションラ ボを、また、ベトナム・INEVにサテライトデスクを設置する。タイ・バンコクにて、第2回目の洪水廃棄物管理に関するワークショップを開催す る。 この他、仙台にてアジア地域内の循環資材の利用と環境安全品質に関する第1回ワークショップを開催する。

外部との連携

キングモンクット工科大学、カセサート大学、INEV

課題代表者

山田 正人

  • 福島支部
    汚染廃棄物管理研究室
  • 室長
  • 京都大学博士(工学)
  • 工学,生物工学,化学工学
portrait

担当者