ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

陸水中におけるカルシウムの化学形態が森林生態系の物質循環におよぼす影響(平成 24年度)
Speciation of calcium in terrestrial water and its role in element cycle in forested ecosystem

予算区分
CD 文科-科研費
研究課題コード
1012CD009
開始/終了年度
2010~2012年
キーワード(日本語)
有機錯体カルシウム,環境分析
キーワード(英語)
organic complex of calcium, environmental analysis

研究概要

酸性降下物等により森林土壌からのカルシウム流出が増加すると、カルシウム欠乏が動植物の生育に悪影響を及ぼすことが懸念されている。本研究では、水に溶解しやすく土壌に保持されにくい有機錯体カルシウムによりカルシウム流出が加速される可能性に着目し、「森林土壌から渓流に流出する溶存態カルシウムは、カルシウムイオンとして存在するのか、可溶性有機錯体として存在するのか」を明らかにすることを目的とする。

研究の性格

  • 主たるもの:基礎科学研究
  • 従たるもの:モニタリング・研究基盤整備

全体計画

有機錯体カルシウムの定量法として,カルシウムイオン選択性電極がカルシウムイオンは検出し,有機錯体カルシウムは検出しない現象を利用することを計画した。すなわち,全溶存カルシウム濃度とカルシウムイオン濃度の差を有機錯体カルシウム濃度とする方法である。この方法の妥当性を確かめるためにモデル溶液で実験を行ったのち,筑波山の渓流水試料の分析を実施する。
平成22年度は水溶液中のカルシウムイオンと有機錯体カルシウムの分離・定量法の基礎検討を実施する。平成23年度は、複数種のリガンドを用いて有機錯体カルシウムの定量法の妥当性を検討する。平成24年度は筑波山の渓流水試料の分析を実施する。

今年度の研究概要

本年度は,前年度までに明らかになった(2)の現象を克服して渓流水試料の有機錯体カルシウムを定量する方法を検討する。具体的には,カルシウムイオンを標準添加する,凍結乾燥により渓流水を濃縮する,などの方法を検討する。

関連する研究課題
  • 0 : 地域環境研究分野における研究課題

課題代表者

越川 昌美

  • 地域環境研究センター
    土壌環境研究室
  • 主任研究員
  • 博士(人間・環境学)
  • 化学
portrait