ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

クロマトグラフ-質量分析法における物質同定のための測定・解析手法に関する研究(平成 24年度)
development of methodology for the identification of chemicals by informational analysis on the chromatograph mass spectrometry data

予算区分
AQ センター調査研究
研究課題コード
1112AQ008
開始/終了年度
2011~2012年
キーワード(日本語)
GC/MS
キーワード(英語)
GC/MS

研究概要

スキャン法により得られたGC-MSやLC-MS法での測定データには,試料中に含まれる多数の化学物質情報(マススペクトルと保持時間)が記録されている。本研究では,試料に特徴的な物質を抽出する手法を開発する。開発された手法を環境試料に適用し、共通して検出される物質や未知汚染物を特定する。

研究の性格

  • 主たるもの:基礎科学研究
  • 従たるもの:

全体計画

これまでに標準化された方法により環境試料などを測定して得られた国内外の1000試料以上分の測定データに適用し、多くの試料から共通して検出される物質や未知汚染物を特定する。特定した物質の毒性をバイオアッセイ結果と比較し、毒性への寄与を明らかにする。

今年度の研究概要

今年度は、国内外の試料を一定の方法により測定したデータに適用し、多くの試料から共通して検出される物質やバイオアッセイと相関する未知汚染物の同定を試みる。

外部との連携

北九州市立大学

関連する研究課題
  • 0 : 環境リスク研究分野における研究課題

課題代表者

白石 寛明

  • 環境リスク・健康研究センター
  • フェロー
  • 理学博士
  • 化学,理学
portrait

担当者

  • 鑪迫 典久
  • portrait
    中島 大介環境リスク・健康研究センター