ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

環境試料を用いた物質循環の変動や汚染の指標に関する研究(平成 24年度)
Study on change in geochemical cycle and tarcers of pollutants

予算区分
AQ センター調査研究
研究課題コード
1216AQ002
開始/終了年度
2012~2016年
キーワード(日本語)
大気粉じん,同位体,生物地球化学的循環
キーワード(英語)
airborne particulate matter, isotope ratio, biogeochemical cycle

研究概要

長期間や短期間での環境の変動や汚染について、地球化学、環境化学的側面からアプローチすることを目的に各種の研究を行う。
1)隠岐島での粉じんのモニタリングを行い長期的な気候変動に対する応答を調べる。
2)鉛同位体比や金属成分比を用いた大気中の元素の起源に関する研究として、地方環境研究所などと協力して、おもに大気粉じん中の金属に着目した調査を行う。
3)炭素、窒素、硫黄の循環に関して同位体を用いた基礎的な研究を行う

研究の性格

  • 主たるもの:基礎科学研究
  • 従たるもの:モニタリング・研究基盤整備

全体計画

1)隠岐島での粉じんのモニタリングを長期的に行い、気候変動に対するMSAなどの濃度応答を調べる。
2)鉛同位体比や金属成分比を用いた大気中の元素の起源に関する研究として、地方環境研究所などと協力して、おもに大気粉じん中の金属に着目した調査を行う。
3)炭素、窒素、硫黄の循環に関して同位体を用いた生物地球化学的循環の研究を行う

今年度の研究概要

1)隠岐島での粉じんのモニタリングを長期的に行い、気候変動に対するMSAなどの濃度応答を調べる。
2)鉛同位体比や金属成分比を用いた大気中の元素の起源に関する研究として、地方環境研究所などと協力して、おもに大気粉じん中の金属に着目した調査を行う。
3)炭素、窒素、硫黄の循環に関して同位体を用いた生物地球化学的循環の研究を行う

関連する研究課題
  • 0 : 地球環境研究分野における研究課題

課題代表者

向井 人史

  • 地球環境研究センター
  • センター長
  • 工学博士
  • 化学,化学工学,地学
portrait

担当者

  • 橋本 茂
  • 野村 渉平