ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

生物多様性研究プログラム(平成 24年度)
Biodiversity Research Program

研究課題コード
1115SP050
開始/終了年度
2011~2015年
キーワード(日本語)
生物多様性,土地利用,遠隔計測,遺伝子判別,分布推定モデル,外来生物,遺伝子組換え生物,地球温暖化
キーワード(英語)
biodiversity, land use, remote sensing, genotyping, predictive distribution model, alien species, GMO, global warming

研究概要

生物多様性の効果的な保全を進め、生物多様性条約の愛知ターゲットを達成するためには、生物多様性の現状の把握と、保全策の効果を予測・評価する手法の開発が不可欠である。また、生物多様性への直接的な脅威への対策を立案するにはその実態の解明と将来の予測が必要となる。これらの目標にむけた科学的なアプローチは国内外で進められているが、多種多様な生物と生態系の総体である生物多様性の各側面を統合して総合的に評価・予測する手法はいまだ確立していない。本研究プログラムでは、生物多様性の現状を把握するためのデータ取得手法に関する研究、集積されたデータを総合的に解析して評価し、保全に反映させる手法に関する研究、および喫緊の対応が必要とされている外来生物等および気候変動の生物多様性への影響評価と対策に関する研究を行う。
本プログラムは、3つのプロジェクトで構成される。プロジェクト1では、広域的な生物多様性の状況を効率的に観測する手法を、特にリモートセンシングによる景観把握および分子遺伝学的アプローチを重点に開発するとともに、観測データの整備に貢献する。プロジェクト2は、日本全国スケールでの土地利用の変化に対する生物多様性の応答を評価・予測するモデルを開発し、生物多様性保全の観点から、効果的な国土利用デザインを評価する枠組みを構築することを目的とする。全国を対象に、10kmグリッド程度の空間単位で、生物の分布、物理環境、人間による土地利用などの空間明示的な分析を実施する。プロジェクト3は、生物多様性の減少を招くとされる生物的要因(侵略的外来生物・遺伝子組換え生物)、および物理的要因(温暖化)の影響の実態を解明し、有効な管理施策を検討する。各要因がもたらす影響を統合的に評価するとともに、外来生物の防除、野生生物感染症の検疫、遺伝子組換え生物の分布拡大阻止、温暖化による植生変化に対する適応策など具体的対策手法を検討する。

今年度の研究概要

プロジェクト-1
統一した基準で全国の景観基盤情報の整備を行う。重点対象とする生態系・地域において、景観情報の空間解像度や時期の選定を行うとともに、新規の遠隔計測及び解析技術を導入し、生物多様性評価に必要とされる技術や情報の提供を行う。
生物多様性の状況のモニタリングにおいて活用することを想定して、生物のDNA情報の集積を進める。藻類および湖沼の藻類およびユスリカをDNA情報にもとづいて簡便に同定する手法を確立する。淡水魚の博物館標本を借用などで収集し、全国的な系統地理集団の分子系統学的分析の準備を進める。そのほか、チョウの移動頻度を推定するための遺伝マーカーを開発する。

プロジェクト-2
日本全国スケールを対象に、生物の分布データにもとづいて生物多様性の状況および保全策の効果を、生物の絶滅リスクにもとづいて総合的に評価する手法および計算ツールを開発する。
人間による土地利用の変化が生物の絶滅リスクに与える影響を評価・予測するため、将来の土地利用の推計を行う。また、試行的なシナリオを構築し、これを前提にした生物多様性の状況の評価を行う。

プロジェクト-3
外来昆虫(セイヨウオオマルハナバチ・アルゼンチンアリ)の薬剤処理法を開発する。確実に根絶できる薬量およびコストの算出を行い、防除モデルの構築を行う。また、国内外の防除事例データベースに基づき、成功確率を左右する要因の分析を行う。
花粉DNAに含まれる除草剤耐性遺伝子の検出法を開発する。また、GMセイヨウアブラナの生育密度が高い地域およびその周辺で、セイヨウアブラナ同士の交雑率を調べる。
気候変動が生物多様性に及ぼす影響を把握するため、チベット高原の中部地域における長期モニタリング・移植実験を継続する。また、過去からのサンゴ分布データを収集し、海水温と群集や代表種など指標の高度化を行う。

課題代表者

竹中 明夫

  • 生物・生態系環境研究センター
    竹中上級主席研究員室
  • 上級主席研究員
  • 理学博士
  • 生物学
portrait