ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

わが国都市部のPM2.5に対する大気質モデルの妥当性と予測誤差の評価
−(3)相互比較による大気質モデリングの妥当性検証と予測精度評価−(平成 23年度)
Estimation of reproducibility and prediction error of urban air quality model for PM2.5 pollution in Japan - (3) Estimation of model performance based on the model intercomparison experiments -

予算区分
BD 環境-環境技術
研究課題コード
1012BD003
開始/終了年度
2010~2012年
キーワード(日本語)
都市大気質モデル,モデル相互比較,二次粒子,PM2.5
キーワード(英語)
urban air quality model, model intercomparison, secondary particles, PM2.5

研究概要

二次粒子成分などのPM2.5濃度に対する化学輸送モデルの再現性を向上し、モデルをわが国のPM2.5対策検討に「使える」ツールとして確立することを目的とする。

研究の性格

  • 主たるもの:応用科学研究
  • 従たるもの:技術開発・評価

全体計画

PM2.5日平均濃度の時間・空間変動に対する再現性を改善するとともに,予測精度(誤差)を明確に提示することを目標とする。そのために、全体として、(1)二次生成成分の時間・空間分布の把握と二次粒子生成サブモデルの検証、(2)二次粒子生成に係わる未把握原因物質の排出インベントリ構築、(3)相互比較による大気質モデリングの妥当性検証と予測精度評価を進め、本課題は(3)を担当する。

今年度の研究概要

今年度は、昨年実施した冬季観測結果、及び、今年実施する夏季観測結果のEC及び無機粒子成分を対象として、モデル相互比較実験を実施する。

外部との連携

電力中央研究所、埼玉県環境科学国際センター、群馬県衛生環境研究所、高崎経済大学、日本自動車研究所、豊田中央研究所

関連する研究課題

課題代表者

大原 利眞

  • 企画部
  • フェロー
  • 工学博士
  • 工学,地学,システム工学
portrait

担当者