ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

揮発性化学物質に対する嗅覚過敏の動物モデルの作成(平成 23年度)
Establishment of animal model of olfactory hypersensitivity to volatile organic compounds

予算区分
AQ センター調査研究
研究課題コード
0912AQ001
開始/終了年度
2009~2012年
キーワード(日本語)
揮発性化学物質
キーワード(英語)
volatile organic compounds

研究概要

ヒトの生活環境中に身近に存在する揮発性化学物質(VOC)に関して、ヒトの健康状態との関連が推測されるVOCへの過敏化現象、特に嗅覚過敏を動物モデルを用いて解析することが研究目的である。嗅覚刺激としてのVOCへの反復曝露により、VOCに対する嗅覚過敏化が起こるような曝露条件をマウスにおいて調べることが研究目標である。

研究の性格

  • 主たるもの:基礎科学研究
  • 従たるもの:技術開発・評価

全体計画

1.マウスにおいて、さまざまな濃度のVOC(ジクロロメタン)に対する嗅覚検知反応を調べ、その反応の指標を用いて、嗅覚でのVOC検知の感受性を長期にわたりモニターする手法を確立する。
2.マウスにおいて、VOCを反復負荷するシステムを作製する。
3.上記システムを用いてマウスに対してトルエンの反復負荷をおこない、その施行前後で嗅覚でのVOC検知の感受性を評価し、その指標の変化を観察する。
4.上記の実験をさまざまな曝露デザインのもとでおこない、VOCに対する嗅覚過敏化が起こるような曝露条件を調べる。

今年度の研究概要

マウスにおいてVOCを反復負荷するシステムを用いて、マウスにおけるジクロロメタンの検知率のデータを畜積する。

関連する研究課題
  • 0 : 環境リスク研究分野における研究課題
  • 0 : 環境健康研究分野における研究課題

課題代表者

黒河 佳香

  • 環境リスク・健康研究センター
    統合化健康リスク研究室
  • 主任研究員
  • 医学博士
  • 医学,生理学
portrait