ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

地球温暖化適応策(洪水対策)の費用便益分析(平成 23年度)
Cost-benefit analysis of adaptation to climate change

予算区分
AQ センター調査研究
研究課題コード
0910AQ002
開始/終了年度
2009~2010年
キーワード(日本語)
地球温暖化適応策
キーワード(英語)
Adaptation to climate change

研究概要

わが国では、これまでも継続して治水対策が強化されてきたが、これからは、既存の治水対策に地球温暖化適応策の観点を取り入れていく必要がある。本研究では、洪水リスクがもたらしている社会的費用を計測し、温暖化による期待被害額の推計を洪水について行う。推計結果に基づいて、米・仏に見られる政府主導の洪水保険制度・雨水浸透施設導入のための自治体による助成制度・ハザードマップ公開による不動産価値低下の可能性と地主への補償など、ソフト面の対策の導入について検討する。

研究の性格

  • 主たるもの:政策研究
  • 従たるもの:行政支援調査・研究

全体計画

2009年度:データの収集・洪水リスクによる不動産価格低下の測定
2010年度:洪水リスクと地価の関係についてデータを使った推計を行い、温暖化影響の期待被害額を推計する。得られた成果は、昨年度行った文献調査と合わせてディスカッションペーパーとして論文化する。
2011年度:まとめ

今年度の研究概要

洪水リスクと地価の関係についてデータを使った推計を行い、温暖化影響の期待被害額を推計する。

備考

課題コード:1112AQ006「気候変動と洪水リスクの経済分析〜洪水被害額の推計と洪水リスクモデルの構築」として新規登録。

関連する研究課題
  • 0 : 社会環境システム研究分野における研究課題

課題代表者

岡川 梓

  • 社会環境システム研究センター
    統合環境経済研究室
  • 主任研究員
  • 博士(経済学)
  • 経済学
portrait

担当者

  • 日引 聡社会環境システム研究センター