ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

有機フッ素化合物の環境負荷メカニズムの解明とその排出抑制に関する技術開発(平成 23年度)
Investigation on the elucidation of pollution mechanisms of fluorinated surfactants and their reduction techniques

予算区分
BD 環境-環境技術
研究課題コード
1011BD002
開始/終了年度
2010~2011年
キーワード(日本語)
PFOS,フッ素系界面活性剤,トンボによる生物モニタリング,市民参加型環境モニタリング
キーワード(英語)
PFOS, Fluorinated surfactants, Biological monitoring by dragonfly, Environmental monitoring supported by volantiers

研究概要

ストックホルム条約への追加が決定されたPFOS等のフッ素系界面活性剤の環境負荷の機構をあきらかにするとともに、その削減技術の基礎的な検討を進める。そのうち、国環研では昆虫を使った市民参加型の環境監視技術開発を推進する。

研究の性格

  • 主たるもの:モニタリング・研究基盤整備
  • 従たるもの:技術開発・評価

全体計画

地環研組織、トンボに関するネットワークを通じて、また一般市民にも呼びかけながら、全国各地から指定の種類のトンボを捕獲し送ってもらい、汚染実態の解明とその主要な汚染源の探索を進める

今年度の研究概要

小学校のプール掃除の機会をとらえてヤゴの採取を行い、マーキングにより羽化後の日数と汚染物質濃度の関係を解析する。ホームページや関連ネットワークを通じた呼び掛けを継続し、全国マップの精緻化を図る。

外部との連携

課題代表:高橋明宏(東京都環境科学研究所)

関連する研究課題
  • 0 : 環境計測研究分野における研究課題
  • 0 : 地域環境研究分野における研究課題

課題代表者

柴田 康行

  • 環境計測研究センター
  • フェロー
  • 理学博士
  • 化学,生化学,地学
portrait

担当者

  • 吉兼 光葉