ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

メタエコシステム評価による環境共生型社会構築に向けた統合的手法の開発(平成 23年度)
Integrated approach toward eco-conscious society by meta-ecosystem analysis

予算区分
AQ センター調査研究
研究課題コード
1115AQ029
開始/終了年度
2011~2015年
キーワード(日本語)
メタエコシステム評価,環境共生型社会,統合的手法
キーワード(英語)
meta-ecosystem analysis, eco-conscious society, integrated approach

研究概要

土地利用変化や人工構造物等の人間活動に起因する流域の水・熱・物質循環変化に伴う生態系機能への影響評価を行う。

研究の性格

  • 主たるもの:応用科学研究
  • 従たるもの:技術開発・評価

全体計画

土地利用変化や人工構造物等の人間活動に起因する流域の水・熱・物質循環変化に伴う生態系機能への影響評価、生態系機能の変化に伴う環境負荷・制約要因の分析、及び、最適な対策・適用技術の定量的評価、を行う。特に、生態系の応答特性に関するfeedbackやhysteresisの検討、生態系変化を引き起こす閾値の評価、生態学と水文学のregimeに関する統一的な評価を目指す。

今年度の研究概要

人間活動に起因する流域の水・熱・物質循環変化に伴う生態系機能への影響評価を行う。

外部との連携

慶応大、筑波大、CEH、など。

関連する研究課題
  • 0 : 地球環境研究分野における研究課題

課題代表者

中山 忠暢

  • 地球環境研究センター
    物質循環モデリング・解析研究室
  • 主任研究員
  • 博士(工学)
  • 土木工学,物理学
portrait