ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

廃棄物リサイクル制度展開の国際比較と化学物質管理の統合システム解析(平成 23年度)
International comparison study on waste management and recycle institutions, and integrated system analysis of chemical substance management

予算区分
BE 環境-循環型社会
研究課題コード
0911BE005
開始/終了年度
2009~2011年
キーワード(日本語)
家庭系有害廃棄物,ダスト,リスク評価,国際制度,廃棄物処理,リサイクル
キーワード(英語)
household hazardous waste, dust, risk assessment, international institution, waste treatment, recycle

研究概要

家庭系有害物(HHW)の由来、影響、制御を念頭において、室内ダストと循環廃棄関連ダストを主たる研究対象として取り上げ、環境動態・リスク評価研究を行う。HHWの適正で効果的なリサイクル、廃棄管理のための類型化、社会循環システムの設計、回収拠点モデルの検討を進める。また、これらの取り組みを効果的、自立修正的に行うための国際的な制度比較研究を、研究の枠組みのなかに内在させる。

研究の性格

  • 主たるもの:応用科学研究
  • 従たるもの:政策研究

全体計画

国際制度比較研究では、欧州や北米の廃棄物リサイクル制度全般の比較データ収集と留意すべきポイント抽出、制度や施設の整備途上にあるアジア諸国の比較関連情報の獲得が目標となる。
動態・影響モデルでは、室内ダストと廃棄リサイクル関連施設のダストとの比較考察から、制御対象とすべき物質の同定、曝露様式や高感受性要因を念頭においたエンドポイントの指摘、ダスト経由の移動モデル作成をめざす。併せて、重金属類やレアメタルによる環境汚染の時空間分布を解明する。
社会循環システム設計では、制御対象とする家庭系有害廃棄物の類型化から循環システム設計に向けた生産者等との社会的議論とフィージビリティ検討、分別行動モデルと回収拠点のあり方提案を行う。

今年度の研究概要

国際比較研究は、第1〜2年次の欧米やアジア地域を対象とした検討結果をふまえ、不足した考察や事例を補うため、再度国際ワークショップを開催し、必要なフォローアップ調査を進める。
 発生源から到達点に至る重金属類およびレアメタルの動態を解析するとともに、ダストやヒトの毛髪や尿、血液試料の分析を実施し、リスク評価を試みる。また、製品直接曝露を想定した3D皮膚細胞モデルを用いた製品素材の接触毒性試験の構築、バリデーションを行い、由来、移動、曝露、影響からみた制御対象への指針を得る。家庭系有害廃棄物の分別試行結果にもとづく社会循環システムの考察と分別行動モデルのフォローアップによる拠点形成への基本モデル策定を行うこととする。対象とする家庭系有害廃棄物に対して分別回収方法と製造工程へのリサイクルのあり方を具体的に検討していく。

外部との連携

研究代表者:酒井伸一(京都大学)
共同研究者:平井康宏(京都大学)、浅利美鈴(京都大学)、高野裕久(国立環境研究所)、田辺信介(愛媛大学)、由田秀人(日本環境衛生センター)

関連する研究課題

課題代表者

滝上 英孝

担当者