ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

センサネットワークを用いた都市大気モニタリングシステムの開発(平成 23年度)
Development of wireless sensor network for air pollution monitoring system

予算区分
AQ センター調査研究
研究課題コード
1011AQ001
開始/終了年度
2010~2011年
キーワード(日本語)
センサネットワーク,都市大気汚染,モニタニングシステム
キーワード(英語)
wireless sensor network, urban air pollution , monitoring system

研究概要

大気汚染の深刻な都市域での汚染質は、局所的に偏在するとともに、時間的にも変動していることが知られている。このような都市大気汚染質を測定するため相応しいセンサネットワークを開発する。

研究の性格

  • 主たるもの:技術開発・評価
  • 従たるもの:基礎科学研究

全体計画

これまで開発を行ってきたエアロゾルセンサおよびガスセンサを用い、無線ネットワークとしては携帯電話網を援用したセンサネットワークを開発し、実際の都市環境での試験運用を行う。1) センサノードを開発し、既存の大気汚染監視局との平行測定を実施する。2)平行測定の結果を元にセンサの改良、ネットワークの改善を行う。

今年度の研究概要

センサノードにNOxセンサの導入を検討し、既存の大気汚染監視局との平行測定を実施する。

外部との連携

北海道大学、札幌市

備考

北海道大学工学研究科、札幌市

関連する研究課題
  • 0 : 環境計測研究分野における研究課題

課題代表者

内山 政弘