ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

環境都市システム研究プログラム(平成 23年度)
Eco-City System Research

研究課題コード
1115SP070
開始/終了年度
2011~2015年
キーワード(日本語)
環境都市,産業共生,エコタウン,低炭素都市,コンパクト都市
キーワード(英語)
Eco-City, Industrial Synbiosis, Eco-town, Low Carbon City, Compact City

研究概要

都市の社会・経済と環境特性に応じた、環境負荷の増大と自然環境劣化の克服に向けての将来ターゲットを設計して、そこへ到達する実効的な、地域と都市・地区の環境技術と政策のシステムを描く計画手法と評価体系の研究開発を進める。具体的には、水、エネルギー、資源循環を制御する環境イノベーション技術・施策の研究開発とともに、関連する社会制度システムの定式化を進めて、国内外で展開可能な環境都市マネジメントの技術・施策パッケージとして形成する。そのうえで都市や地区の経済、環境特性に応じて技術・施策をカスタマイズして適用する「環境ソリューション」システムの研究開発を進める。

今年度の研究概要

環境技術・施策の計画・設計のプロセスに人間活動から発生する大気汚染,水質汚濁等とともに環境資源への影響を解析するシミュレーション研究を踏まえた技術・施策システムによる環境ソリューション研究(地域環境研究分野)と人間活動の現況分析・シナリオ開発・モデル評価を行う社会発展シナリオの研究(社会環境研究分野)を結合し,環境質の劣化からの人間活動への還元的な影響および環境質の劣化の予防的回避を制約条件とする解析を含めた,社会費用の小さな都市の構造とそのガバナンス・システムを見出す分野横断的研究プログラムに着手する.
 地域環境研究分野と社会環境研究分野による横断的な研究として実施することにより,環境都市研究の集中を図る.プロジェクト1では都市・街区スケールで環境効率を高める技術を中核とする「都市−街区・拠点技術のソリューションの研究」の推進体制を構築する.プロジェクト2では,その技術・施策のソリューションを含む,より包括的な都市環境要素を操作変数として地域—都市スケールの長期シナリオとロードマップを計画する研究を開始する.
 具体的にプロジェクト1では、都市・地区スケールでの環境技術の地区実証研究のフレームとその都市・社会への転換プロセスを進めて「都市の環境技術・施策システムの評価と社会実証プロセスを構築して、「技術・施策の都市環境ソリューションシステムの計画と評価手法の開発」(サブテーマ1)を進め、具体的な「コベネフィット型環境技術システムの開発と社会実証プロセスの検討」を進める。
 プロジェクト2では環境的に持続可能な都市・地域発展シナリオをメソスケールで構築する研究を進め、都市・地域空間の動態分析に基づくシナリオ構築手法の開発と環境負荷低減・影響緩和効果の高い都市・地域空間の評価システムを構築する。

外部との連携

プロジェクト1では川崎市、名古屋大学、国連大学、中国科学院瀋陽応用生態研究所、タイ・キングモット大学と連携して、プロジェクト2では筑波大学、水俣市との連携で研究を進める。

課題代表者

藤田 壮

  • 社会環境システム研究センター
  • センター長
  • 博士(工学)
  • 土木工学,システム工学,建築学
portrait