ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

アジア地域に適した都市廃棄物の適正管理技術システムの構築(平成 23年度)
Establishment of appropriate technological system for municipal waste in Asia

研究課題コード
1115AA022
開始/終了年度
2011~2015年
キーワード(日本語)
アジア,都市廃棄物,適正管理,準好気性埋立,分散型排水処理,廃棄物管理計画支援ツール
キーワード(英語)
Asia, Municipal Solid Waste, Appropriate Management, Semi-Aerobic Landfill, Decentralized Wastewater Treatment, Support Tool for Waste Management Plan

研究概要

都市への人口集中が激化しているアジアにおいて、公衆衛生を改善し,低炭素・低環境負荷型であり、地域に適正な廃棄物管理システムを構築するため,東南アジアに研究拠点を形成し、アジアの都市における廃棄物の現状を把握し、国産技術である分散型生活排水処理技術および準好気性埋立技術のアジア各地域へのカスタマイズを行う。また、これらを既存の技術と併せて評価することで、各都市域において適正な処理・資源化を実現するための廃棄物管理システム導入に向けた計画支援ツールを開発する。そして、以上のハード及びソフト研究成果を踏まえて適正な廃棄物管理システムを実際の都市や地区へ実装することを目指す。

今年度の研究概要

サブテーマ1「準好気性埋立技術のアジア地域に適した設計手法の開発」酸素濃度をパラメータとしたメタンおよび亜酸化窒素の排出挙動を定式化する。また、有機物分解による低分子化(可溶化)と浸透水による洗い出し効果による窒素成分の気相、液相、固相への分配とその時間変化を定式化する。タイにおけるテストセルおよびライシメータ実験を継続すると共に、多孔質二相流モデルを用いて、所用条件下で埋立内部の大気と水分の空間分布を表現できるように定式化する。浸出水循環の時期・位置・量に関する運転条件を提示する。微量酸素センシングによる効率的窒素除去の実験的検討を開始する。人工湿地化可能な範囲と水量に関する提案を行う。広範囲かつ簡易に人工湿地への改変を可能とする基盤材・植生を選定する。浸出水質に適合した水処理技術(嫌気性消化・光触媒)に関する実験室での基礎的な検討を開始する。アジア各国における廃棄物管理体系の履歴と現状、浸出水対策の現状調査を行う。
サブテーマ2「アジア地域に適した分散型有機性廃棄物・排水処理技術の開発」中国を中心として、アジア地域の液状廃棄物排出状況に関する原単位等、小型分散型処理に係る処理現状の現地調査・分析を行う。低コストバイオガス精製装置の開発へ向けた室内連続実験を実施するとともに、メタン発酵の迅速スタートアップのため、様々なバイオマス種からのメタン発酵微生物群増殖特性を評価、データベース化を行い、適切な植種バイオマスを選定する。人工湿地については、上記の現地調査等を参考に現地の地形等制約条件を踏まえた上でラボスケール人工湿地を新たに設計、設置する。
サブテーマ3「アジアの都市に適用可能な廃棄物管理計画支援ツールの開発」わが国の技術,政策,静脈産業の現状をメニュー化する。わが国および欧米からの廃棄物資源循環市場への参入および支援の事例を整理して,事業環境の構成要素を抽出・整理する。以上,情報を用いて,SWOT分析を行い,過去の事例の検証を行う。アジア都市(ベトナムを想定)の事業環境を把握する。今後20年間のうちにアジア地域で導入し得る処理技術を抽出し,制約条件を整理する。処理技術を最大限に活かすために必要とされるシステムを設計する。BaU・代替システムを運用した際の地球温暖化や水質汚染等の環境への影響や再資源化による効果を評価する。

外部との連携

サブテーマ1:福岡大学、高知大学、大阪大学、カセサート大学、キングモングット大学、ソウル市立大学、ベトナム国立大学
サブテーマ2:東北大学、福島大学、筑波大学、東京大学、日本環境整備教育センター、中国環境科学研究院、中国農村汚水処理技術北方研究センター、上海交通大学、武漢大学、東南大学、天津農学院、中国科学院瀋陽応用生態研究所、江蘇省環境科学研究院
サブテーマ3:京都大学、岡山大学、福岡大学、東京工業大学、、株式会社エックス都市研究所、株式会社市川環境エンジニアリング、環境管理科学研究所(ベトナム)、都市環境産業研究所(ベトナム)、国立土木工科大学(ベトナム)

課題代表者

山田 正人

  • 福島支部
    汚染廃棄物管理研究室
  • 室長
  • 京都大学博士(工学)
  • 工学,生物工学,化学工学
portrait

担当者