ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

農業再建のための制度改革の地域計画論的総合研究(平成 23年度)
A comprehensive study for re-structuring rural area in Japan

予算区分
CD 文科-科研費
研究課題コード
0813CD001
開始/終了年度
2008~2013年
キーワード(日本語)
気候変動リスク,適応,農山村地域
キーワード(英語)
Climate Change Risk, Adaptation, Rural and mountainous area

研究概要

本研究の全体の目的は、農村空間の多目的利用構造を生かして、活力ある地域社会を形成するために必要な農村の再建のための制度改革の姿を地域計画論的総合研究によってあきらかにすることである。

研究の性格

  • 主たるもの:政策研究
  • 従たるもの:行政支援調査・研究

全体計画

1)農村空間の多目的利用構造および二層資源調達構造を考慮した空間計画を通じて、農村空間の再建、活性化を模索する。担当部分では、気候変動問題の「適応」を視野にいれ、災害対応、生産活動対応等のための、リスク管理についての地域(コミュニティ)の対応行動について調査分析を行う

今年度の研究概要

新潟県十日町市の中山間地域を具体的な調査対象地域として、現在の地勢状態の災害リスクと土地所有者の管理労力との関連から将来のリスクを推定する。

備考

(研究代表者)名古屋大学大学院農学生命科学研究科 教授 生源寺眞一

関連する研究課題
  • 0 : 社会環境システム研究分野における研究課題

課題代表者

青柳 みどり

  • 社会環境システム研究センター
    統合環境経済研究室
  • 主席研究員
  • 博士 (農学)
  • 社会学,農学
portrait