ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

ブナ林生態系における生物・環境モニタリングシステムの構築(平成 22年度)
Development of the biological and environmental monitoring system in beech forest ecosystems

予算区分
AH 地環研
研究課題コード
1012AH005
開始/終了年度
2010~2012年
キーワード(日本語)
オゾン,生物多様性,地球温暖化,ブナ林,モニタリング
キーワード(英語)
Ozone, Biodiversity, Global warming, Beech forest, Monitoring

研究概要

ブナ林は日本の冷温帯を代表する落葉広葉樹林であり、生物多様性の高い極相林として存続している地域も多いが、近年各地でブナ林の衰退現象が報告されている。そこで、ブナ林生態系の衰退/健全度を評価し、劣化兆候を早期に把握し、迅速に対処するために、長期モニタリングを実施し、因果関係を把握する必要がある。本研究では、ブナ林生態系を脅かす要因(オゾン、地球温暖化、乾燥化、シカ食害、虫害等)について、生態学的、環境科学的視点から、統合的に評価するための長期継続モニタリング手法を確立し、「ブナ林生態系モニタリング標準調査マニュアル」を作成する。また、モニタリングデータ共有システムを構築し、各地域におけるブナ林生態系の評価と保全対策に資する。

研究の性格

  • 主たるもの:応用科学研究
  • 従たるもの:技術開発・評価

全体計画

統一調査手法の検討(2010)。ネットワーク構築・データ共有システムの検討(2010〜2012)。生物系(植物・動物)モニタリング調査(2010〜2012)。環境系(大気・気象・土壌)モニタリング調査(2010〜2012)。ブナ林生態系標準調査マニュアルの作成(2012)。

今年度の研究概要

関係機関のネットワーク化を推進し、各機関関連のブナ林に継続調査定点の設定を検討する。生物系モニタリングに関しては、長期継続モニタリングのための、植生関係調査(毎木調査、衰退度、林床植生、着生植物等)、ブナの生物季節(フェノロジー)と生理活性調査(開葉、開花、落葉、クロロフィル、水分生理等)の方法等を再検討し、試行する。また、シカ等の採食記録法についても検討する環境系モニタリングに関しては、オゾン測定法(パッシブサンプラー設置方法等)について検討し、調査を試行する。また、パッシブサンプラー測定値と植物・植生に対する基準指標(AOT40、SUM60等)との関係性を検討する。さらに、気象・土壌環境測定法(大気温湿度、土壌温度・水分含量等のセンサーやデータロガー設置方法)等について検討し、試行する。最高積雪深の簡易的測定方法についても検討する。

備考

共同研究機関:福岡県保健環境研究所(須田隆一)、北海道立総合研究機構環境科学研究センター(山口高志・野口泉)、岩手県環境保健研究センター(松本文雄)、秋田県健康環境センター(小林貴司)、秋田県農林水産技術センター(和田覚)、埼玉県環境科学国際センター(三輪誠)、神奈川県環境科学センター(武田麻由子、小松宏昭)、神奈川県自然環境保全センター(山根正伸、谷脇徹、相原敬次、越地正)、静岡県環境衛生科学研究所(石井聖)、富山県農林水産総合技術センター森林研究所(中島春樹)、福井県自然保護センター(水谷瑞希)、広島県立総合技術研究所保健環境センター(山本哲也)、岡山県自然保護センター(西本孝)

関連する研究課題
  • 0 : アジア自然共生研究グループにおける研究活動

課題代表者

清水 英幸

  • 地域環境研究センター
  • フェロー
  • 博士(農学)
  • 生物学,理学 ,情報学
portrait

担当者