ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

フローサイトメトリ分離細胞の全ゲノム増幅に基づく非培養海産微細藻のメタゲノムと分類(平成 22年度)
Meta-Genomics and taxonomy of uncultivated marine microalgae based on whole genome amplification of cells sorted by flow cytometry

予算区分
KB JST
研究課題コード
0911KB002
開始/終了年度
2009~2011年
キーワード(日本語)
フローサイトメトリ,メタゲノム,微細藻
キーワード(英語)
flow cytometry, Meta-Genomics, microalgae

研究概要

フローサイトメトリ分離細胞のゲノム・分類情報の包括的な解析手法の開発と海洋環境の未培養・未知微細藻群のゲノムと分類情報の整備・集積を目的とする。分類学的解析と凍結保存に関わる研究・技術開発は日本側で、ゲノム解析に関わる研究・技術開発は仏側において、各々が主導的に実施し、研究期間中に成果の共有化のための研究・技術交流を行う。海洋微生物の高度利用に不可欠な革新技術の開発と具体的な成果としての未培養・未知海産微細藻群に関するゲノム・分類情報の収集が期待される。

研究の性格

  • 主たるもの:基礎科学研究
  • 従たるもの:モニタリング・研究基盤整備

全体計画

フローサイトメトリ(FCM)分離細胞のゲノム・分類情報の包括的な解析を行うために、1) 海洋環境試料の採取・処理・保存方法の検討、2) FCM分離細胞の分類学的解析法と培養法の検討とプロトコール化、3) FCM分離細胞のゲノム解析法の検証等を初年度から次年度にかけて実施する。2010年度以降は、外洋環境を中心に調査と試料の収集、解析を行い、FCM分離細胞のゲノムと分類情報を集積し、情報とマテリアルの提供に向けた整備を行う。

今年度の研究概要

様々な海洋環境試料の凍結保存を行うとともに、保存試料のゲノム解析、形態観察等分類学的解析を行い、未培養・未知微細藻群のゲノムと分類情報の整備・集積を図る。また今年度2月に予定のJAMSTECのみらい航海において、日仏共同で調査を行い、未知未培養生物のゲノム解析に資する海洋環境試料の収集を通じて、現場における研究・技術交流を行う。

備考

フランスCNR、Station Biologique de Roscoffとの共同研究(担当者:Daniel Vaulot主席研究員)

関連する研究課題
  • 0 : その他の研究活動

課題代表者

河地 正伸

  • 生物・生態系環境研究センター
    生物多様性資源保全研究推進室
  • 室長
  • 博士(理学)
  • 生物学
portrait