ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

グローバルカーボンプロジェクト事業支援(平成 22年度)
Supporting Activities of Global Carbon Project

予算区分
BA 環境-地球推進
研究課題コード
0712BA278
開始/終了年度
2007~2012年
キーワード(日本語)
GCP
キーワード(英語)
GCP

研究概要

グローバル・カーボン・プロジェクト(GCP)は、炭素循環の自然科学的研究に人間社会的側面を統合することにより、総合的な炭素管理に貢献することを目的とする。特に、GCPつくば国際オフィスでは、GCPの中心的活動のひとつである「都市と地域の炭素管理計画 (URCM) 」を主導している。

研究の性格

  • 主たるもの:行政支援調査・研究
  • 従たるもの:

全体計画

国際シンポジウム等の開催、URCM情報センター(ウェブサイト)の運営等により、各国の都市と炭素管理の研究者及び研究機関、政策決定者及び行政機関との情報交換、連携を図る。

今年度の研究概要

GCPキャンベラオフィス及びGCP科学委員とGCPの次の10年計画について検討する。都市における炭素管理に関する研究では、都市のシステム境界の問題(間接的な炭素フロー)に取り組む。また、IPCCワーキンググループ3とより密接に連携し、都市に関する研究に寄与する。具体的な今年度の計画として、次のワークショップ等を主催する。1. 国際応用システム分析(IIASA)、Potsdam Institute for Climate Impact Researchとの共催で、都市の炭素フローのシステム境界に関するワークショップ、2. IHDP地球システムガバナンスプロジェクトとの共催で、アジアのカーボンガバナンスに関するワークショップ、3. インド国立物理学研究所との共催で、南アジア低炭素都市ワークショップ、4. ConAccount Conference(東京)において、2つの都市の炭素管理に関するセッション。また、研究面では、東京、北京、インドの都市における炭素フローの規模と空間の範囲を明確にする研究を主導する。

関連する研究課題

課題代表者

山形 与志樹

  • 地球環境研究センター
    気候変動リスク評価研究室
  • 主席研究員
  • 学術博士
  • システム工学,数学,地理学
portrait

担当者

  • Shobhakar DHAKAL
  • Poruschi Lavinia