ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

温暖化対策にかかるリスクコミュニケーション手法の検討および地域温暖化対策への適用(平成 22年度)
A study of risk communication strategies of climate change issues and its application for local cliamte change preventing plan

予算区分
AE 経常
研究課題コード
0811AE001
開始/終了年度
2008~2011年
キーワード(日本語)
気候変動,リスクコミュニケーション,地域計画
キーワード(英語)
climate change, risk communication, local plan

研究概要

気候変動に関わるリスクが顕在化しつつある中で、一般市民が対応行動を取る必要も出てきたことに鑑み、気候変動問題に関わるリスクについていかに効果的にコミュニケーションを行うかについての調査分析が必要となってきた。本課題は、適応策、緩和策の様々な側面からその実際の適用について調査検討を行う。

研究の性格

  • 主たるもの:政策研究
  • 従たるもの:行政支援調査・研究

全体計画

 本課題においては、地域における行政諸計画における気候変動問題の組み込みを念頭におき、その諸計画の対象範囲における気候変動問題のリスクのコミュニケーションの具体的手法について検討を行う。

今年度の研究概要

労働力の枯渇が予想される中で、どのように農山村地域の自然環境を維持するのか、様々な試みとそれらの効果について調査検討を行う

関連する研究課題
  • 0 : その他の研究活動

課題代表者

青柳 みどり

  • 社会環境システム研究センター
    統合環境経済研究室
  • 主席研究員
  • 博士 (農学)
  • 社会学,農学
portrait

担当者

  • 米澤 健一