ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

揮発性有機化合物の光酸化で生成する二次有機エアロゾルの組成分析(平成 22年度)
Composition analysis of secondary organic aerosol produced during the photooxidation of volatile organic compounds

予算区分
AE 経常
研究課題コード
0610AE402
開始/終了年度
2006~2010年
キーワード(日本語)
二次有機エアロゾル,チャンバー,組成分析
キーワード(英語)
SECONDARY ORGANIC AEROSOL, SMOG CHAMBER, COMPOSITION ANALYSIS

研究概要

大気エアロゾル中の有機成分のうち、大気中に放出された揮発性有機化合物の酸化反応で生成する二次有機エアロゾル(SOA)の組成を明らかにすることを目的とする。室内チャンバーによって炭化水素の大気酸化をシミュレートし、生成するSOAを液体クロマトグラフ−質量分析法によって分析する。目標は、特に大気中で二次有機エアロゾル生成に寄与すると考えられている芳香族炭化水素及び共役ジエンについて、SOA組成の生成過程を明らかにすることである。

研究の性格

  • 主たるもの:基礎科学研究
  • 従たるもの:応用科学研究

全体計画

2006年度:芳香族炭化水素のうちトルエンを選び、これまでの当所の研究で得られた反応メカニズムの知見を検証する実験を行う。
2007年度以降:トルエン以外の芳香族炭化水素、共役ジエンなどについて順次研究を行う。

今年度の研究概要

2010年度は、次期経常研究で半揮発性有機物からの有機エアロゾル生成の研究に取り組むことを目指して、小型のテフロンチャンバーの作成に取り組む。ランプ、空気精製器、測器などを現有の装置と共用しながら使用できる小型のテフロンチャンバーを作成する。この研究を通してチャンバー作成の経験を積み、独立した新しいテフロンチャンバーの構築を目指す競争的資金の獲得をめざして準備を始める。

課題代表者

佐藤 圭

  • 地域環境研究センター
    広域大気環境研究室
  • 主任研究員
  • 博士(理学)
  • 化学
portrait