ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

環境化学物質による肥満および肥満に伴う病態への影響に関する研究(平成 22年度)
Effects of environmental chemicals in obesity and obesity-related diseases.

予算区分
AE 経常
研究課題コード
1010AE001
開始/終了年度
2010~2010年
キーワード(日本語)
肥満,環境化学物質
キーワード(英語)
obesity, environmental chemicals

研究概要

これまでに、ある種の環境化学物質が、肥満を伴う病態(高脂血症、高血糖)を軽減することを明らかにしてきた。本研究は、肥満に伴う諸病態への環境化学物質曝露の影響について、その作用機構を解明することを目的とする。

研究の性格

  • 主たるもの:基礎科学研究
  • 従たるもの:技術開発・評価

全体計画

これまでの検討で、肥満に伴う病態に対し影響が認められた化学物質につき、生化学的検討、病理組織学的検討、分子生物学的検討を加え、その作用機構の解明を行う。

今年度の研究概要

昨年度までの検討で、ベンゾ[a]ピレン(BaP)曝露により、肥満マウスにおいて、血中ALT値が用量依存的に減少した。一方、正常マウスでは、フルクトサミン値が用量依存的に抑制された。今年度は、その作用機構の解明を行うことを目的として、生化学的検討、病理組織学的検討を行う。

課題代表者

柳澤 利枝

  • 環境リスク・健康研究センター
    病態分子解析研究室
  • 主任研究員
  • 博士(医学)
  • 医学,生化学
portrait