ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

環境化学物質がアレルギー疾患に及ぼす影響に関する研究(平成 22年度)
Effects of environmental chemicals in allergic diseases.

予算区分
AE 経常
研究課題コード
1011AE001
開始/終了年度
2010~2010年
キーワード(日本語)
アレルギー,農薬,大気汚染
キーワード(英語)
allergy, pestcides, air pollutant

研究概要

近年、若年層を中心にアレルギー疾患が増加していると言われているが、その要因の一つに、環境化学物質の影響が指摘されている。本研究では、複数のアレルギー疾患モデルを用い、環境化学物質、特に残留農薬や大気汚染物質の影響を評価し、影響が認められた場合は、その作用機構の解明を行うことを目的とする。

研究の性格

  • 主たるもの:基礎科学研究
  • 従たるもの:技術開発・評価

全体計画

これまでに、環境化学物質曝露がアトピー性皮膚炎やアレルギー喘息に及ぼす影響を検討し、疾患の種類、あるいは性差により影響が異なることを見出した。本研究では、その作用機構について検討を行う。

今年度の研究概要

これまでの検討で、食品中残留農薬であるγ-BHCが、アレルギー喘息病態を増悪することを明らかにした。今年度は、その増悪機構について検討を行う。具体的には、肺局所における炎症性因子の発現、二次リンパ組織である脾臓における影響などを検討する。

課題代表者

柳澤 利枝

  • 環境リスク・健康研究センター
    病態分子解析研究室
  • 主任研究員
  • 博士(医学)
  • 医学,生化学
portrait