ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

アジア低炭素社会実現へ向けた中長期国際・国内制度設計オプションとその形成過程の研究(平成 21年度)
Study on options for mid-long-term institutions towards low-carbon society in Asia

予算区分
BA 環境-地球推進 S-6-3
研究課題コード
0913BA006
開始/終了年度
2009~2013年
キーワード(日本語)
気候変動,アジア地域,制度
キーワード(英語)
climate change, Asian region, institution

研究概要

ジアにおいて低炭素社会を確立していくための中長期的国際・国内制度のあり方を提示し、その実現のための具体的政策オプションを提案するため、政治学、国際関係学、行政学および分野横断型の政策研究手法により、グローバルな制度及び政策、アジア域内の制度及び政策、資金にかかる制度及び政策、技術にかかる制度及び政策を検討する。

研究の性格

  • 主たるもの:政策研究
  • 従たるもの:行政支援調査・研究

全体計画

グローバルな制度設計、資金メカニズムに関する研究では、環境ガバナンスの行為(アジェンダ設定、国際交渉、技術移転、モニタリングなど)とそれを充足する行為主体(政府、産業界、NGOなど)との相互関係を明らかにして中長期的アジアの環境ガバナンスの動態を検討して、グローバルな国際制度設計におけるアジアの位置づけを明らかにする。また、アジア域内で形成する気候変動レジーム実施に必要とされる資金メカニズムのあり方について検討する。

今年度の研究概要

アジア地域において多様な国際制度が包括的な気候変動レジームを創設するための方策を、「アジアバブル」の域内協力メカニズムのあり方を含めて検討する。特に、アジア太平洋地域において、気候変動以外の目的で設立された国際機関の役割を分析し、気候変動レジームの一部を担う可能性を検討する。

備考

代表者:蟹江憲史(東京工業大学)

課題代表者

亀山 康子

  • 社会環境システム研究センター
  • 副センター長
  • 博士(学術)
  • 政策学,政治学
portrait

担当者