ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

自主的アプローチの評価に関する研究(平成 21年度)
Study on the Assessment of Voluntary Approach

予算区分
AE 経常
研究課題コード
0709AE453
開始/終了年度
2007~2009年
キーワード(日本語)
自主的アプローチ,政策効果
キーワード(英語)
VOLUNTARY APPROACH, POLICY EFFECTIVENESS

研究概要

近年、従来型の政策手段とは異なったタイプの政策手段として、自主的アプローチと呼ばれる政策が実施されるようになってきた。自主的アプローチとは、政府が主導し、企業の自主的な取組を促進するような政策プログラムの実施などを意味している。本研究では、いくつかの事例研究を通して自主的アプローチの有効性について明らかにすることを目的としている。

研究の性格

  • 主たるもの:応用科学研究
  • 従たるもの:政策研究

全体計画

本研究では、事例研究を通して自主的アプローチの有効性について明らかにすることを目的としている。
H19年度は、まず、従来の既存研究をレビューし、理論的なメカニズムを明らかにする。H20年度は、ケーススタディとして、化学物質排出を対象に、投資家(株式市場)が企業の化学物質排出量をどのように評価しているかを分析する。H21年度には、企業の自主的な環境行動の一つとしてISO14001をとりあげ、その政策効果を分析する。

今年度の研究概要

企企業の自主的な環境行動の一つとしてISO14001をとりあげ、ISO14001の自主的な認証取得が企業か排出される汚染物質の排出量を削減する効果をもつかどうかを明らかにする。

関連する研究課題
  • 0 : その他の研究活動

課題代表者

日引 聡

  • 社会環境システム研究センター
  • 連携研究グループ長
  • 経済学
portrait