ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

広域スケールでの土地利用の不均一性と生物の空間分布との関連の解明(平成 21年度)
Relationships between land-use heterogeneity and spatial distribution of indicator species at global scale

予算区分
AE 経常
研究課題コード
0911AE007
開始/終了年度
2009~2011年
キーワード(日本語)
マクロエコロジー
キーワード(英語)
macroecology

研究概要

生物多様性条約ポスト2010年目標の策定、および日本国内における生物多様性総合評価への寄与を目指した生物多様性指標の開発と検証。グローバルスケールで土地利用の不均一性と生物の分布との関係を分析する。

研究の性格

  • 主たるもの:基礎科学研究
  • 従たるもの:応用科学研究

全体計画

 

今年度の研究概要

 

関連する研究課題
  • 0 : その他の研究活動

課題代表者

角谷 拓

  • 生物・生態系環境研究センター
    生物多様性評価・予測研究室
  • 主任研究員
  • 博士(農学)
  • 生物学
portrait