ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

時間・空間情報を統合した生物の絶滅リスク決定要因の解明(平成 21年度)
Assessment of species extinction risk integrating spatio-temporal data

予算区分
CD 文科-科研費
研究課題コード
0809CD013
開始/終了年度
2008~2009年
キーワード(日本語)
絶滅危惧種
キーワード(英語)
endangered species

研究概要

本研究課題では、近年劣化の著しいウェットランドに生息する代表な生物群であるトンボ目昆虫をモデルとして、各種の個体群減少率と空間分布を制限している要因(生息場所の質・量および生息場所間の連結性)との関係を複数の空間スケールにわたって検討することで、生物の絶滅リスクを高めるプロセス・要因を明らかにする。これにより、減少率などの時間的なデータが十分に得られないものも含めた幅広い生物を対象に、絶滅リスクの信頼性の高い予測が可能になることが期待できる。

研究の性格

  • 主たるもの:基礎科学研究
  • 従たるもの:

全体計画

今年度の研究概要

関連する研究課題
  • 0 : その他の研究活動

課題代表者

角谷 拓

  • 生物・生態系環境研究センター
    生物多様性評価・予測研究室
  • 主任研究員
  • 博士(農学)
  • 生物学
portrait