ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

熱帯・亜熱帯林生態系による自然起源オゾン破壊物質のガス交換過程の解明(平成 21年度)
Biogenic ozone depleting gas exchange in tropical and subtropical forest ecosystems

予算区分
CD 文科-科研費
研究課題コード
0910CD005
開始/終了年度
2009~2010年
キーワード(日本語)
塩化メチル,臭化メチル,成層圏オゾン
キーワード(英語)
methyl chloride, methyl bromide, stratospheric ozone

研究概要

熱帯林は自然起源のオゾン破壊物質である塩化メチルや臭化メチルの発生源であるが、そこに生息する微生物はそれらの吸収源として作用していると考えられている。しかしながら、従来行われてきた塩化メチルの濃度測定のみから、植物による放出と微生物等による吸収を区別することは困難であった。本研究では、これらを区別するための安定同位体トレーサー法を導入することで、熱帯植物の葉からの放出に加え、葉上や土壌中に生息する微生物による塩化メチルおよび臭化メチルの吸収量を推定することを目的とする。

研究の性格

  • 主たるもの:基礎科学研究
  • 従たるもの:

全体計画

1)土壌や葉をバイアル瓶などにサンプリングすることによる擾乱を避け、現場で植物の葉群や土壌からの塩化メチルおよび臭化メチルの放出・吸収量を測定するためのチャンバーを開発する。2)微生物等による塩化メチルおよび臭化メチルの吸収量を反映するトレーサーである炭素安定同位体(13CH3Clおよび13CH3Br)を用いた現場観測を熱帯林および亜熱帯林にて実施し、『植物による放出量』と葉圏・土壌圏に生息する『微生物等による吸収量』を明らかにする。

今年度の研究概要

土壌や葉をバイアル瓶などにサンプリングすることによる擾乱を避け、現場で植物の葉群や土壌からの塩化メチルおよび臭化メチルの放出・吸収量を測定するためのチャンバーを開発する。特に日射や蒸散などによるチャンバー内の気温・湿度の上昇を抑えるため、チャンバー内の空気の一部を冷却部に循環させ、温度・湿度をコントロールする。

関連する研究課題
  • 0 : その他の研究活動

課題代表者

斉藤 拓也

  • 環境計測研究センター
    動態化学研究室
  • 主任研究員
  • 博士(地球環境科学)
  • 化学
portrait