ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

グローバルな森林炭素監視システムの開発に関する研究(平成 21年度)
Studies on development of global forest carbon monitoring system

予算区分
BA 環境-地球推進 B81
研究課題コード
0811BA001
開始/終了年度
2008~2011年
キーワード(日本語)
炭素,森林
キーワード(英語)
carbon, foest

研究概要

本課題は、森林減少・劣化を国際的に監視するシステムを我が国が先駆的に提案することに向けて、アジアの地域を中心に、PALSAR等の全天候型リモートセンシング情報を活用して森林減少や森林劣化を定量的に把握する手法を開発するとともに、森林減少の防止活動に伴うCO2排出削減量のアカウンティングを広域(国レベルおよびプロジェ クトレベル)で実施できるシステムの開発に関する検討を進める。

研究の性格

  • 主たるもの:モニタリング・研究基盤整備
  • 従たるもの:応用科学研究

全体計画

平成20年度においては、国際研究機関と連携して、国際炭素監視システムの構築に関する検討を開始するとともに、環境ベネフィットを評価するツールの開発に着手する。
平成21年度においては、サブテーマ2、3で得られた知見をもとにして、IPCCデフォルト法(森林減少面積とインベントリ情報の組み合わせた算定方式)に基づく森林減少によるCO2排出の評価を行う。
平成22年度(研究終了時)は、サブテーマ4で抽出される森林構造とサブテーマ5で把握される時系列衛星画像による植生撹乱情報を用いて、サブテーマ6の陸域生態系モデルを用いた森林減少に伴うCO2排出量算定を実施するとともに、環境ベネフィットを評価するツールも合わせて利用して、各種アカウンティングオプションの総合評価を行う。

今年度の研究概要

国際研究機関と連携して、国際炭素監視システムの構築に関する検討を開始するとともに、環境ベネフィットを評価するツールの開発に着手する。

関連する研究課題
  • 0 : 地球環境研究センターにおける研究活動

課題代表者

山形 与志樹

  • 地球環境研究センター
    気候変動リスク評価研究室
  • 主席研究員
  • 学術博士
  • システム工学,数学,地理学
portrait

担当者

  • 伊藤 昭彦地球環境研究センター
  • Anna Peregon
  • 安立 美奈子
  • 哈斯 巴干