ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

希少鳥類の遺伝的多様性評価と細胞保存バンク(平成 21年度)
Evaluation of genetic diversity and cell cryopreservation in endangered birds

予算区分
KZ その他公募
研究課題コード
0910KZ001
開始/終了年度
2009~2010年
キーワード(日本語)
遺伝的多様性,絶滅危惧鳥類,細胞培養,凍結保存
キーワード(英語)
genetic diversity, endangered birds, cell culture, cryopreservation

研究概要

我が国の絶滅危惧大型鳥類のうち、日本と極東ロシアに共通する絶滅危惧鳥類種の遺伝的多様性を解析・評価することで種内多様性を維持した保護増殖を目指す。同時に両国の若手研究者育成と人的ネットワーク構築を基にして鳥類細胞凍結保存バンクを構築すると共に、凍結細胞の国際間での分散保存によって不可避の事故等に起因する試料逸失の危険回避体制を確立する。

研究の性格

  • 主たるもの:基礎科学研究
  • 従たるもの:モニタリング・研究基盤整備

全体計画

???????????¢?????????????????????¢?????????????????¢???????????¢????????Å???´?????????°?Å?Å??????????????????????¢DNA ?´????°???°?Å???????????????????????¶????¢?´?????????????????????????????????????????£
¶???Å??????¢¶?Å??????¢??£?????°?????????¶????´????????????????????´?????????????????????????????±????????????? DNA ??PCR ?????????????¢DNA???????????????????????¢??°??????????????????×???????×???????????£?????¢????????¶??±????????????????????????????Kuwana et al., 1996. ????????:WO96/06160?????????????????????????????????????????????????£??????????????????????????´???Å???????????????¶????¢?????????????????????????????????????????????¢???°??????????????¶?????????Å???????¶??¬??????????????????????????????¶????¢??????????´????¬?¶????????????????????????°?????´??±?¬?¶?????????????????????????????????????????????????????£

今年度の研究概要

日本側:相手国側研究者(ロシア、ハバロフスク地方ボロン自然保護区獣医師等)を受け入れ、遺伝的多様性評価手法の研修と標準化を行う。また、ロシア側との協力により極東ロシアの自然保護区(3地域以上)のタンチョウ、ニホンコウノトリ、オオワシ、オジロワシの試料から多様性評価を行い、日本国内生息個体群と比較する。平成21 年6 月に3 名(研究責任者1 名、若手研究者2 名)がロシアの複数の自然保護区に出張して野生個体からの採血及び皮膚試料の採取と一時的な凍結保存を行う。皮膚試料に関しては、ロシア側の輸出許可及び日本の輸入許可証発行の後に、日本側に移送して細胞培養と凍結保存を行う。
ロシア側:ボロン自然保護区及び極東地域内の他の自然保護区内で対象鳥類個体を調査捕獲して少量の血液と皮膚を採取して、日本側研究者と協力してmtDNA 調節領域の遺伝子配列からハプロタイプを決定すると共に、皮膚試料の凍結保存と一部は細胞培養を行う。また、日本側研究者と研究技術を共通化するために平成21 年8 月に3 名(研究責任者1 名、若手研究者2 名程度)、平成21 年11 月に2 名(若手研究者2 名)が日本側で研究技術に関する標準化とノウハウの共有化を行って研究効率の向上を図る。加えて、生細胞培養と凍結保存に関する技術の共通化を図る。

関連する研究課題
  • 0 : 環境保全に有用な環境微生物の探索・収集・保存、試験用生物等の開発及び飼育・栽培のための基本業務体制の整備、絶滅の危機に瀕する野生生物種の細胞・遺伝子保存

課題代表者

桑名 貴

担当者

  • portrait
    大沼 学生物・生態系環境研究センター
  • 今里 栄男
  • Sawicka Edyta