ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

ISO14001審査登録の環境負荷管理における継続的改善効果の検証(平成 21年度)
Continual Improvement on Emissions Control Caused by ISO 14001 Certification

予算区分
KZ その他公募
研究課題コード
0809KZ003
開始/終了年度
2008~2009年
キーワード(日本語)
環境マネジメント
キーワード(英語)
environmental management

研究概要

ISO14001の特徴の一つは、継続的改善とされている。ISO14001を審査登録した事業所は、環境マネジメントシステムを向上させることが要求され、その結果、環境負荷が年々削減されることが期待されている。本研究では、国内のISO14001審査登録事業所およびそれ以外の事業所を対象として最近の事業所の環境負荷管理を調査して過去のデータと合わせることで、事業所の環境負荷管理の経年変化を把握し、改善の有無や、推移および今後の予測される状況などについて明らかにする。

研究の性格

  • 主たるもの:基礎科学研究
  • 従たるもの:政策研究

全体計画

国内のISO14001審査登録事業所およびそれ以外の事業所を対象として、環境負荷管理手法導入に関する質問紙調査を実施する。この調査と過去3回の調査から、環境マネジメントと環境負荷管理との関係の時間的変化について検討する。

今年度の研究概要

質問紙調査を実施し、環境マネジメントと環境負荷管理との関係の時間的変化について検討する。

備考

住友財団環境研究助成

関連する研究課題
  • 0 : その他の研究活動

課題代表者

森 保文

  • 社会環境システム研究センター
    環境政策研究室
  • 主席研究員
  • 博士 (農学)
  • 工学,心理学,農学
portrait