ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

平成20年度残留性有機化合物の底質及び水質からの水生生物への移行状況等調査業務(平成 20年度)
FYH20 investigation of transfer from aquatic sediment and water to aquatic organisms of persistent organic compounds

予算区分
BY 環境-委託請負
研究課題コード
0808BY005
開始/終了年度
2008~2008年
キーワード(日本語)
化学物質,曝露,化学分析,魚類
キーワード(英語)
chemicals, exposure, chemical analysis, fish

研究概要

水環境を経由した多種多様な化学物質が、人の健康や水生生物の保全に有害な影響を与えるおそれがあり、水生生物への移行による生物濃縮性の問題を検討する必要がある。この際、水及び底質の二媒体を経由する移行フローをそれぞれ考慮する必要がある。本業務では、これまでの調査結果を踏まえ、水質への分配がより強い化学物質に対して、底質及び水質から水生生物への移行実験を実施し、水環境中での化学物質の挙動に関する物性パラメーターの検討等を行い、化学物質の水環境中での挙動予測モデル構築に向けた知見の収集・整理を行う。

研究の性格

  • 主たるもの:行政支援調査・研究
  • 従たるもの:応用科学研究

全体計画

研究目的に関連し、これまでに、「残留性有機化合物の底質から水生生物への移行に関する検討業務」(平成19年度)において、今後水環境の汚染の結果として起こり得る化学物質の水生生物への移行の経路別の把握及び定式化を進めるうえで最適となるモデル物質を選定し、特に主に水へ分配される化合物を対象とした試験について計画(案)の策定が行うとともに、水環境の汚染の結果として起こり得る化学物質の水生生物への移行に関して、食物連鎖を介した生物移行と、実験データから水環境の各媒体からの経路別の寄与率を推定する手法とを中心に文献調査を行った。

今年度の研究概要

以下の内容を実施する。
(1)化学物質の底質及び水質から水生生物(魚介類)への移行状況及び残留状況調査
底質及び水質から水生生物への移行及び残留実験等。
(2)予測モデル構築に向けたデータ解析及び検討
試験データの解析、速度定数および寄与率の検討。底質及び水質から水生生物への移行及び残留に関する、予測モデルの文献調査および定式化の理論的検討。

課題代表者

鈴木 規之

  • 環境リスク・健康研究センター
  • センター長
  • 博士(工学)
  • 工学,化学,土木工学
portrait

担当者