ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

釧路湿原シラルトロ沼の環境劣化とその原因の究明(平成 20年度)
Study on factors of environmental degradation in Lake Shirarutoro, Kushiro Mire

予算区分
AH 地環研
研究課題コード
0810AH002
開始/終了年度
2008~2010年
キーワード(日本語)
自然再生
キーワード(英語)
restoration

研究概要

北海道釧路湿原に位置するシラルトロ沼では、近年、アオコの発生や沈水植物の減少、ヒシ群落の拡大など、様々な問題が顕在化している。沼の集水域の大部分は、自然の山林や湿地であり、富栄養化に直結する大きな人為的汚濁源はないにも関わらず、水質の悪化や生物多様性の低下に歯止めがかからない状況であり、沼の生態系が非可逆な状態に遷移してしまうこと(レジームシフト)も懸念されている。本研究は、シラルトロ沼における環境劣化の現状を把握するとともに、その原因と機構を解明し、良好な湖沼環境の保全につなげることを目的とする。

研究の性格

  • 主たるもの:モニタリング・研究基盤整備
  • 従たるもの:行政支援調査・研究

全体計画

シラルトロ沼および流入河川での水質ならびに植生のモニタリングを実施し、富栄養化と最近の沈水植物群落の減少原因を明らかにする。

今年度の研究概要

6月と8月と2度にわたり沼45地点と流入河川等で水質ならびに生物相についての共同調査を実施する。

備考

共同研究相手方:北海道環境科学研究センター 三上英敏・五十嵐聖貴

課題代表者

高村 典子

  • 生物・生態系環境研究センター
    琵琶湖分室(生物)
  • フェロー
  • 学術博士
  • 生物学
portrait

担当者

  • 赤坂 宗光