ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

南西諸島におけるサンゴ礁及びサンゴ群集類型化手法検討作業(平成 20年度)
Typology of coral reefs and coral habitats in the Ryukyu Islands, Japan

予算区分
MA 委託請負
研究課題コード
0708MA584
開始/終了年度
2007~2008年
キーワード(日本語)
サンゴ,南西諸島
キーワード(英語)
coral, Ryukyu Islands

研究概要

南西諸島海域におけるサンゴ礁及びサンゴ群集分布の類型化に関して、類型化に有効なデータ項目を検討し、それに基づいた類型化の手法を確立し、類型化の作業手順と類型結果を報告書としてまとめる。

研究の性格

  • 主たるもの:技術開発・評価
  • 従たるもの:応用科学研究

全体計画

2007年度においては、類型化に必要な項目の収集を行い、プロトタイプを作製する。
2008年度においては、類型化を完成させる。

今年度の研究概要

類型化結果に基づいて、重要サンゴ礁地域の選定を行う。

備考

WWFジャパンからの委託

課題代表者

山野 博哉

  • 生物・生態系環境研究センター
  • センター長
  • 博士(理学)
  • 地理学,地学,理学
portrait