ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

環境化学物質による脂肪肝の増悪とその機構解明に関する研究(平成 20年度)
Studies on the enhancing effets of environmental chemicals on fatty liver

予算区分
CD 文科-科研費
研究課題コード
0809CD008
開始/終了年度
2008~2009年
キーワード(日本語)
環境化学物質,脂肪肝
キーワード(英語)
environmental chemicals, fatty liver

研究概要

経口的に人体に曝露されうる環境化学物質の中から、異物や脂質代謝に関連の深い核内受容体・転写因子に作用する物質を選択し、それらの低用量曝露(が、肥満、糖尿病を伴う脂肪肝に与える影響とその内在機構を明らかにする。また増悪メカニズムを分子レベルで解明し、ヒトにおける健康影響評価に外挿する。さらに、健康影響評価に適用可能な指標(バイオマーカー)、特に、早期に変動する健康影響指標(予防的バイオマーカー)を探索し、未然防止に資することをめざす。

研究の性格

  • 主たるもの:基礎科学研究
  • 従たるもの:応用科学研究

全体計画

本研究では、(1) 経口(経消化管)的に人体に曝露されうる環境化学物質や大気中の微小粒子(鼻腔に沈着するため、沈着物の嚥下による経消化管的曝露が存在する。)に含有される環境化学物質の中から、異物や脂質代謝に関連の深い核内受容体・転写因子であるaryl hydrocarbon receptor (AhR)、nuclear factor-E2-related factor 2 (Nrf2)、peroxisome proliferators-activated receptor(PPAR)に作用する物質を選択し、それらの低用量曝露が、肥満、糖尿病を伴う脂肪肝に与える影響とその内在機構を明らかにする。また、(2) 最近注目を集めている非アルコール性脂肪肝炎(non-alcoholic steatohepatitis :NASH)にそれらの環境化学物質が与える影響についても明らかにする。ついで、(3)増悪メカニズムを分子レベルで解明し、ヒトにおける健康影響評価に外挿する。さらに、(4)健康影響評価に適用可能な指標(バイオマーカー)、特に、早期に変動する健康影響指標(予防的バイオマーカー)を探索し、未然防止に資することをめざす。なお、メカニズムの解明とバイオマーカーの探索にあたっては、DNAマイクロアレイを用いた遺伝子発現の包括的スクリーニングを活用する。また、同時に、酸化ストレスやカルボニルストレスによるタンパクや脂質の修飾・変性に注目する。
対象とする環境化学物質としては、(1) 抗酸化剤として使用され、Nrf2とその後の遺伝子発現を活性化するbutylated hydroxyanisole (BHA)、(2) 食品包装や食品容器に使用され、PPARとその後の遺伝子発現を活性化するDi(2-ethylhexyl) phthalate (DEHP)等のフタル酸エステル類、Perfluorooctanoic acid (PFOA)、Perfluorooctane sulfonate (PFOS)、及び、(3) 大気中の微小粒子の代表で、AhRとその後の遺伝子発現を活性化するデイーゼル排気微粒子に含まれる化学物質(ベンツピレン、キノン等)を選択する。

今年度の研究概要

環境化学物質による脂肪肝、NASHの増悪に関する研究
上述の環境化学物質の腹腔内投与が、生活習慣病に関連する脂肪肝、NASHに及ぼす悪影響を明らかにする。
C57BL/KSJ db/dbマウス(db/db)とC57BL/KSJ db/+mマウス(db/+m)(5週令で導入)を用い、下記の実験群で、投与(曝露)を施行する。

1. db/+m—vehicle曝露群(環境化学物質を溶解した溶媒のみを投与する。)
2. db/+m—環境化学物質曝露群 (少なくとも3用量程度の曝露群を設定する。)
3. db/db—vehicle曝露群(環境化学物質を溶解した溶媒のみを投与する。)
4. db/db—環境化学物質曝露群 (少なくとも3用量程度の曝露群を設定する。)

 Vehicleもしくは環境化学物質は、6週令より24週令までをめどに、週に1回、曝露を施行する。最終曝露の24時間後まで、以下の検討を経時的に行う。
検討項目
 死亡率;体重;臓器重量;尿量;摂食量
血液・尿に関する生化学的検討
組織学的検討

関連する研究課題
  • 0 : その他の研究活動

課題代表者

高野 裕久

担当者

  • 柳澤 利枝環境リスク・健康研究センター
  • 井上 健一郎