ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

核内受容体作動性化学物質の発がん・加齢などに及ぼす影響の分子メカニズムに関する研究(平成 20年度)
Study about molecular mechanism underlying the effect of nuclear-receptor agents on carcinogenesis / aging

予算区分
DA 厚労-厚生科学
研究課題コード
0609DA502
開始/終了年度
2006~2009年
キーワード(日本語)
内分泌かく乱化学物質,テロメーレース
キーワード(英語)
ENDOCRINE DYSRUPT CHEMICALS, TELOMERASE

研究概要

内分泌かく乱物質の発がん・加齢などに及ぼす影響の分子メカニズムを明らかにし、健康リスク評価につなげる

研究の性格

  • 主たるもの:基礎科学研究
  • 従たるもの:行政支援調査・研究

全体計画

内分泌かく乱物質の生体影響メカニズム(低用量効果・複合効果を含む)に関する研究」の一環として「内分泌かく乱物質の発がん・加齢などに及ぼす影響の分子メカニズムに関する研究」を行う。ヒト培養細胞を用いて、エストロゲン及びビスフェノールAのエピジェネティックな影響を検討し、メチル化関連分子やテロメレースのバイオマーカーとして有用かどうかの検討を行う。

今年度の研究概要

引き続き、ヒト正常乳がん細胞を用いて、ビスフェノールAのテロメレース発現に対する影響を指標に、細胞レベルでの加齢(継代、老化)及び発がん影響を調べる。

備考

本課題は、2007年より、平成19年度厚生労働科学研究費補助金・化学物質リスク研究事業「形態形成期・思春期などの高感受性期にある集団での核内受容体作動性化学物質等の有害性発現メカニズムの解明及びその評価手法にかかる総合研究」の分担研究として実施する。

関連する研究課題
  • 0 : 環境リスク研究センターにおける研究活動

課題代表者

曽根 秀子

  • 環境リスク・健康研究センター
    曝露影響計測研究室
  • 室長
  • 薬学博士
  • 薬学,医学,生化学
portrait