ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

ヒ素の体内動態に関する分析毒性学的研究(平成 20年度)
A study on analytical toxicology of metatolism of arsenic.

予算区分
CD 文科-科研費
研究課題コード
0810CD004
開始/終了年度
2008~2010年
キーワード(日本語)
ヒ素,代謝,解毒,酸化還元,メチル化
キーワード(英語)
arsenic, metabolism, detoxification, redox, methylation

研究概要

ヒ素はその化学形によって、細胞内への取り込み、排泄、毒性などが大きく異なる。ヒ素の毒性発現および解毒機構を明らかにするためには、ヒ素代謝物の化学形を出来るだけ正確に分析し、出発物質のみならず、代謝物も含めた毒性評価を行う分析毒性学的研究が必要不可欠となる。ヒ素に関する研究において、その代謝と体内動態を明らかにすることは、ヒ素の毒性発現機構を推定し、その毒性を軽減するための重要な情報を与えるものと考える。当該研究は、ヒ素の代謝と体内動態を分析学的、毒性学的手法を用いて明らかにし、ヒ素の毒性軽減および毒性発現機構について、生体内におけるヒ素の酸化還元状態とメチル化という観点から解明することを目的としている。

研究の性格

  • 主たるもの:基礎科学研究
  • 従たるもの:技術開発・評価

全体計画

1)ヒ素化合物とグルタチオンの同時測定の検討とLC MSとの比較
2)ヒ素−グルタチオン(As-GSH)抱合体の分解および酸化におけるGGTの影響
3)腸管から再吸収された後のヒ素の動態。
4)生体内におけるヒ素の化学形と代謝に関わるトランスポーターの発現の有無
5)得られた結果から、環境汚染物質であるヒ素化合物の代謝マップを完成し、代謝に伴う毒性軽減および毒性発現機構を解明する。

今年度の研究概要

ヒ素の代謝にはグルタチオンが密接に関与することから、ヒ素とグルタチオンの同時かつ高感度に測定することが必要である。そこで、HPLC-ICP MS測定におけるヒ素と硫黄の同時かつ高感度測定を検討し、LC MSと感度、再現性、汎用性などを比較して当該研究における測定条件を決定する。また、ヒ素−グルタチオン(As-GSH)抱合体の分解および酸化におけるGGTの影響を調べる。

関連する研究課題
  • 0 : その他の研究活動

課題代表者

小林 弥生

  • 環境リスク・健康研究センター
    曝露動態研究室
  • 主任研究員
  • 博士(薬学)
  • 薬学,化学
portrait