ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

有害化学物質の毒性の臓器・細胞特異性に関与する転写因子機能の研究(平成 20年度)
Studies on the role of transcription factors that mediate organ- and cell-specific toxicity of environmental chemicals

予算区分
AE 経常
研究課題コード
0608AE438
開始/終了年度
2006~2008年
キーワード(日本語)
有害化学物質,転写因子,ダイオキシン
キーワード(英語)
ENVIRONMENTAL CHEMICALS, TRANSCRIPTION FACTORS, DIOXIN

研究概要

近年、種々の化学物質が転写因子や核内受容体に作用して遺伝子の転写を変化させ、生体に悪影響を及ぼすことが報告されている。本研究では、有害化学物質の臓器・細胞特異的な影響について転写因子の作用に着目してメカニズムを明らかにする。

研究の性格

  • 主たるもの:基礎科学研究
  • 従たるもの:

全体計画

ダイオキシンをはじめとした有害化学物質の毒性発現の動物種・臓器・細胞特異性について、クロマチン構造や転写因子の作用に着目してそのメカニズムを検討する。

今年度の研究概要

ダイオキシンによる毒性発現とAhR依存的な遺伝子発現はよく対応し、AhR依存的な遺伝子発現調節には動物種特異性が存在する。動物種特異的なAhR依存的遺伝子発現調節の原因となる因子を明らかにするために、クロマチン修飾因子であるヒストン脱アセチル化酵素(HDACs)に着目し、ヒトとマウスの細胞株において、HDACsの発現量、標的遺伝子への結合タイムコースについて検討する。

課題代表者

野原 恵子

  • 環境リスク・健康研究センター
  • フェロー
  • 学術博士
  • 医学,生化学,生物工学
portrait

担当者

  • 鈴木 武博環境リスク・健康研究センター
  • 馬場 崇