ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

循環資源・廃棄物の試験評価・モニタリング手法の高度化・体系化(平成 20年度)
Development of comprehensive testing methods of hazardous substances in products, waste, and secondary materials to evaluate environmental impacts

予算区分
AB 循環センター
研究課題コード
0610AB447
開始/終了年度
2006~2010年
キーワード(日本語)
残留性化学物質,残留性有機化学物質,廃棄物,循環資源,製品,試験法,簡易法
キーワード(英語)
PERSISTENT HAZARDOUS SUBSTANCE, PERSISTENT ORGANIC POLLUTANT, WASTE, CYCLING RESOUCES, PRODUCT, TESTING METHOD, SIMPLIFIED METHOD

研究概要

循環資源・廃棄物を対象として、有害物質の挙動把握、簡易測定技術の最適化、処理プロセスからの事故の未然防止等の各種目的に応じた試験分析方法の整理、開発を進め、標準規格化、包括的な適用プログラムとして、試験評価・モニタリング手法の高度化・体系化を図る。

研究の性格

  • 主たるもの:基礎科学研究
  • 従たるもの:行政支援調査・研究

全体計画

平成18〜19年度 複合素材・混合系試料中の次期POPs候補物質等の分析法を確立。ダイオキシン類のバイオアッセイの精度管理手法及び新規エンドポイントのバイオアッセイ手法の検討。残留性有害物質(PHS)の各種媒体のデータ取得・評価。

平成20〜21年度 複合素材・混合系試料中の次期POPs候補物質等のデータ集積及び分析方法の最適化。各種媒体のPHS分析データの集積・評価。循環廃棄過程で適用しうる簡易法の検討。ダイオキシン類のバイオアッセイの各種媒体への適用性検討。

平成22年度 PHS等の簡易分析法確立、現場適用可能なモニタリング手法提示。複雑素材・混合系試料(製品)中の化学物質の相互補完分析手法の確立。ダイオキシン類の公定法アッセイの適切な運用方法を総括提示。新規アッセイの確立、簡易包括毒性評価システムとして提示。

今年度の研究概要

次期POPs候補物質について、前年度までに開発した分析方法を適用し、廃棄物処理施設等において各種媒体(eg.廃棄物、焼却残渣)中の測定を実施する。また、その現場適用の結果から分析方法の最適化(主に前処理方法)を進める。ダイオキシン類の公定法アッセイに関して、他媒体(eg.汚泥、排水)への適用性について検討を行う。また、新規アッセイ系の検討(検出系の最適化、前処理法)を進める。循環資源及び廃棄物試料に対する簡易分析法や新規分析法に関し、廃棄物処理施設等の現場適用を行い、その有用性について検討する。

課題代表者

貴田 晶子

担当者

  • 野馬 幸生
  • 滝上 英孝
  • 山本 貴士資源循環・廃棄物研究センター
  • 肴倉 宏史資源循環・廃棄物研究センター
  • 渡部 真文
  • 川口 光夫