ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

化学環境研究領域における研究活動(平成 19年度)
Research Activities of the Environmental Chemistry Division

研究課題コード
0610FP013
開始/終了年度
2006~2010年
キーワード(日本語)
環境分析、有機分析、無機・同位体分析、質量分析、連続モニタリング、磁気共鳴イメージング、機能計測
キーワード(英語)
ENVIRONMENTAL ANALYSIS, ORGANIC ANALYSIS, INORGANIC/ISOTOPE ANALYSIS, MASS SPECTROMETRY, MONITORING, MAGNETIC RESONANCE IMAGING, FUNCTIONAL ANALYSIS

研究概要

-

研究の性格

  • 主たるもの:-
  • 従たるもの:-

今年度の研究概要

領域研究プロジェクトである2つの研究のうち、多次元分離分析特研ではGCxGCとTOFMSとの結合による装置開発を継続し、種々の化学物質に関する測定結果を蓄積しつつ共同研究先にフィードバックして新たな装置開発に反映させる。もう一つの領域プロジェクトである同位体特研では、室内塵中の鉛並びにアルデヒド中放射性炭素の測定を継続し、データの蓄積を図る。ナノ粒子計測手法の開発に関連して比較データの測定を進めるほか、ナノテクノロジーを利用した電子線源、X線源の開発、微生物計測手法の開発研究を継続する。また、VOC関連の自動分析装置の開発並びにモニタリング、MRIを用いたヒト脳の研究を継続するとともに、ジフェニルアルシン酸による実験動物の行動影響研究、ナノLCMSMSの開発研究、宇宙線起源放射性同位体測定による過去の太陽活動の変化に関する研究などを継続する。その他、地球センターや基盤技術ラボラトリーなどの事業推進の支援、環境行政支援などを継続する。

課題代表者

柴田 康行

  • 環境計測研究センター
  • フェロー
  • 理学博士
  • 化学,生化学,地学
portrait