ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

日本及び韓国の温帯域に分布する造礁サンゴの群集構造・骨格年 輪に基づく環境変動解析(平成 19年度)
Analysis of environmental changes with mid-latitude coral communities and massive coral skeletons around Japan and Korea

予算区分
LA 共同研究
研究課題コード
0709LA582
開始/終了年度
2007~2009年
キーワード(日本語)
サンゴ,温暖化
キーワード(英語)
coral, global warming

研究概要

日韓の国境を跨ぐ対馬〜朝鮮海峡地域において、1)造礁サンゴの群集構 造を明らかにし、それに基づいて群集構造と環境要因との関係を明らかにすること、 2)サンゴ骨格と環境要因との関係を明らかにすることを目的とする。このため同研 究地域の環境が異なる5地点において、定量的かつ統一的なサンゴ群集の記載を共同 で行い、環境要因と群集構造の関係を明らかにする。さらに、同地域に生息するキク メイシ科サンゴの骨格を用い、地球化学的手法も併せて利用することで、骨格とそれ を取り囲む環境との関係を評価する。

研究の性格

  • 主たるもの:応用科学研究
  • 従たるもの:技術開発・評価

全体計画

2007年度においては,韓国済州島,壱岐・対馬において,サンゴ群集の定 量的な記載を行うとともに,コアを採取する。韓国Geoge島,甑島で予察的な調査を 行う。
2008年度においては,取得したコアの解析を進めるとともに,対象地域全域において サンゴ群集の定量的な記載を行い,サンゴ骨格と群集と周辺環境の対応を検討する。
2009年度においては,最終成果をまとめ,ワークショップを開催する。

今年度の研究概要

韓国済州島,壱岐・対馬において,サンゴ群集の定量的な記載を 行うとともに,コアを採取する。韓国Geoge島,甑島で予察的な調査を行う。

関連する研究課題
  • : 関連P5 温暖化に対するサンゴ礁の変化の検出とモニタリング

課題代表者

山野 博哉

  • 生物・生態系環境研究センター
  • センター長
  • 博士(理学)
  • 地理学,地学,理学
portrait