ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

超高磁場MRIを用いたヒト脳の無侵襲高速高感度多次元スペクトロスコピー法の研究(平成 19年度)
Non-invasive high sensitive multi-dimensional spectroscopy of human brain using high field MRI

予算区分
CD 文科-科研費
研究課題コード
0709CD315
開始/終了年度
2007~2009年
キーワード(日本語)
ヒト脳,神経伝達物質,高磁場MRI,2Dスペクトロスコピー
キーワード(英語)
human brain, neurotransmitter, high field MRI, 2D spectroscopy

研究概要

ヒト脳内の主要な神経伝達物質であるグルタミン酸とγ-アミノ酪酸は、神経変性疾患や精神神経疾患との関連が指摘されているが、従来の手法では検出が困難であった。我々はこれまで4.7 T MRI装置上でin vivo 2Dスペクトロスコピー法である局所励起2D CT COSY法を提案、開発し、この方法によってヒト脳内でこれらのピークが取得でき、定量化できることを示してきた。本研究では、この方式を発展させ、in vivo 2Dスペクトロスコピー法の高感度化、高速化および網羅的、総合的定量化を目的とする。

研究の性格

  • 主たるもの:基礎科学研究
  • 従たるもの:基礎科学研究

全体計画

平成19年度 局所励起2D CT-COSY法をはじめとしたin vivo 2Dスペクトロスコピー法の高感度化をはかる。
平成20年度 in vivo 2Dスペクトロスコピー法の高速化をはかる。
平成21年度 in vivo 2Dスペクトルの網羅的定量化法の開発を行う。

今年度の研究概要

高感度化に対して、パルスシーケンスの検討および改良を行う。具体的には、スピンエコー成分のデータ取得のため高感度化が期待できる2D CT PRESS法を開発する。パラメータ設定、後処理等によりこの方法を用いてヒト脳内のグルタミン酸、GABAを検出できるかを評価する。また、短いconstant time delayを用いた測定法を検討し、本方法でスペクトル分解能を向上させることが可能かを検討する。

関連する研究課題
  • 0 : その他の研究活動(化学環境研究領域)

課題代表者

渡邉 英宏

  • 環境計測研究センター
    画像・スペクトル計測研究室
  • 室長
  • 工学博士(物理工学)
  • 物理学,工学,医学
portrait

担当者

  • 三森 文行