ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

空間統計モデルの環境政策の評価分析への適用に関する研究(平成 19年度)
Study of application of the spatial statistical models to the evaluation on the environmental policy

予算区分
AE 経常
研究課題コード
0708AE370
開始/終了年度
2007~2008年
キーワード(日本語)
空間統計, 計量経済,空間的自己相関
キーワード(英語)
spatial statistics, econometrics, SPACIAL AUTOCORRELATION

研究概要

近年、空間統計学を考慮した計量経済学の手法を用いた経済分析が注目されてきている。しかし、新しい手法であるため、環境経済学の実証研究への応用事例も少なく、また、従来の手法に空間統計を応用する場合の手法について、明らかにされていないものが多い。本研究では統計学的な観点から従来からの手法のレビューを行うとともに、従来の手法に空間統計を組み入れた場合の推計手法の拡張について検討し、ゴミ処理の有料化がゴミ削減に及ぼす影響、汚染源の環境負荷の評価に及ぼす影響などの具体的問題への適用を検討する。

全体計画

2007年度:空間統計学、空間計量経済学に基づく推計手法について文献調査を通したレビューを行う。特に、評価手法で基本的な役割を演ずる回帰分析の解析手法について詳細に検討を行う。
2008年度:前年度の研究成果をふまえて、空間依存性を有する調査・観測データの具体例に対して解析を行い、ゴミ処理の有料化がゴミ削減に及ぼす影響、汚染源が地価に及ぼす影響などの具体的問題への適用を検討する。

今年度の研究概要

空間統計学、空間計量経済学に基づく推計手法について文献調査を通したレビューを行う。特に、さまざまな回帰分析に空間的自己相関を考慮した場合の推計手法について詳細に検討を行い、まだ、明らかにされていない応用手法について検討する。

関連する研究課題
  • 0 : その他の研究活動(社会環境システム研究領域)

課題代表者

須賀 伸介

  • 社会環境システム研究センター
    地域環境影響評価研究室
  • 主任研究員
  • 工学博士
  • 工学
portrait

担当者

  • 日引 聡社会環境システム研究センター