ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

非競争的市場を仮定した経済モデルの開発と環境税制度の定量評価(平成 19年度)
Development of CGE model with Imperfect Competition for Japanese Carbon Tax Policies

予算区分
AF 奨励
研究課題コード
0707AF517
開始/終了年度
2007~2007年
キーワード(日本語)
環境税,非競争的市場
キーワード(英語)
Environmental tax, Imperfect competition

研究概要

環境税制度の評価ツールとして、競争的市場を仮定したCGEモデルが頻繁に利用されているが、現実にはほとんどの財・サービス市場は非競争的である。競争的市場と非競争的市場では、企業が持つ市場価格への影響力が異なる。そのため、環境税制度の効果や経済的影響の大きさは異なり、競争的市場を仮定した先行研究の分析では、一定量の削減に必要な環境税率を過小評価している可能性が高い。本研究の目的と目標は、市場の特性を織り込んだモデルで2008年度以降の環境税制度導入の効果を分析することである。

研究の性格

  • 主たるもの:政策研究
  • 従たるもの:

全体計画

(1)岡川・伴モデル(本研究のベースとなる競争的市場モデル)修正を行う。
Takeda(2006)を参考に、非競争的市場での企業行動を定式化し、岡川・伴モデルの該当部分を修正する。その後、新たに必要となるパラメータに関するデータ・文献収集を行う。

(2)政策シミュレーションの実施と結果の解釈を行う。
「環境税制度を強化する必要はないか?」「従来提唱されてきた均一な環境税ではなく、市場の特性と消費者の価格弾力性に応じた課税にする方が、社会厚生の低下を防ぐことができるのではないか」「産業ごとにどんな税率を課すべきか?」以上の事柄を明らかとするためのシナリオを設定する。シミュレーションの結果から、主要産業の生産量・削減に必要な環境税率の水準・GDPと民間消費・社会厚生といった変数を考察し、どんな制度が社会的に望ましいのかを検討する。

(3)モデル分析の結果を比較する。
完全競争モデルと不完全競争モデルの結果の違いを検討する。

(4)論文としてまとめ、学術雑誌へ投稿する。

今年度の研究概要

単年度のため、全体計画に同じ。

関連する研究課題
  • 0 : その他の研究活動(社会環境システム研究領域)

課題代表者

岡川 梓

  • 社会環境システム研究センター
    統合環境経済研究室
  • 主任研究員
  • 博士(経済学)
  • 経済学
portrait

担当者

  • 日引 聡社会環境システム研究センター