ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

鳥類異種間生殖巣キメラからの子孫作出実験(平成 19年度)
Experiments for production of interspecific germ-line chimeras in birds

予算区分
CD 文科-科研費
研究課題コード
0607CD456
開始/終了年度
2006~2007年
キーワード(日本語)
始原生殖細胞,キメラ,鳥類
キーワード(英語)
PRIMORDIAL GERM CELLS, CHIMERA, AVIAN

研究概要

本研究では、キジ目鳥類をモデルとして使用し、それらの始原生殖細胞(胚発生の一時期に出現する精子や卵子の祖細胞)を繁殖力の高い一般種の胚に移植して得られた個体(異種間生殖巣キメラ)から、ドナー由来の機能性のある配偶子が生産されるか否かを明らかにする。本研究の結果、異種間生殖巣キメラから、ドナー由来の子孫を得ることが可能となれば、絶滅の可能性が特に高い種に、重点的かつ戦略的に本技術を導入し、個体数そのものを回復することにより、生物多様性の保全に貢献することが可能となる。

研究の性格

  • 主たるもの:基礎科学研究
  • 従たるもの:応用科学研究

全体計画

入手可能なキジ目鳥類(ニホンキジ、コジュケイ等)の受精卵を用いて、始原生殖細胞を効率的に採取する方法を検討する。次に、鳥類種ごとに始原生殖細胞の特質について、組織化学的な検索を行う。さらに、それぞれの鳥類種に特異的な遺伝子配列を検索し、作出した異種間生殖巣キメラにおけるドナー細胞の寄与率を評価する方法も開発する。最終的に、モデルとなるキジ目鳥類の始原生殖細胞を異種間で移植し、生殖巣キメラ個体の作出実験を行う。

今年度の研究概要

今年度は、生殖巣キメラにおけるドナー生殖細胞の寄与率を知るために、移植した始原生殖細胞が、どの程度、生殖巣原基に移動し、その後、増殖するのかを明らかにする。具体的には、蛍光標識した始原生殖細胞を様々な個数で移植し、生殖巣へ到着した始原生殖細胞の個数を算出する。さらに、移植した胚を継続して孵卵し、後続の発生ステージごとに、増殖している始原生殖細胞の個数を算出する。また、鳥類未受精卵からゲノムDNAを抽出できるか、さらに、それらを鋳型として、ドナー由来の生殖細胞を検出するPCRが行えるかを調べる。その結果、ドナー細胞由来の卵子を生産している雌の生殖巣キメラを判定する方法の確立を目指す。

備考

予算コードがないため業務係で処理

関連する研究課題
  • 0 : その他の研究活動(環境研究基盤技術ラボラトリー)

課題代表者

川嶋 貴治

  • 生物・生態系環境研究センター
    環境ゲノム科学研究推進室
  • 主任研究員
  • 博士(理学)
  • 生物工学,生物学,畜産学
portrait