ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

小笠原における河川環境の劣化と固有種の減少要因の推定に関する研究(平成 19年度)
Study on adverse effects of habitat degradation on the distribution of endemic freshwater species in the Bonin Islands

予算区分
AF 奨励
研究課題コード
0607AF452
開始/終了年度
2006~2007年
キーワード(日本語)
小笠原諸島,絶滅危惧種
キーワード(英語)
BONIN ISLANDS, ENDANGERED SPECIES

研究概要

海洋島である小笠原諸島の河川の生物種についての分布調査を行い、絶滅の危惧される固有種がレッドリストに載り、ひいてはレッドデータブックに登録されるために必要とされる項目についてとりまとめる。特に、分布域とその動向、あるいは存続を脅かしている原因やその時代的変化などについて把握に努め、今後それらの生物種の保全策に資することを目的とする。

研究の性格

  • 主たるもの:基礎科学研究
  • 従たるもの:行政支援調査・研究

全体計画

平成18年度は母島の河川に生息する2種の固有種、平成19年度は父島に生息する2種の固有種とその生息環境に着目して、本研究を遂行する。河川環境の劣化にはさまざまなケースが想定されるが、もともと水過剰量の少ない小笠原諸島では降水量の減少およびその結果としての水不足は固有水生生物にとって致命的な要因となる可能性がある。また、移入種による直接的な捕食や環境形成作用による生息の場の喪失も重要な要因になると考えられる。固有種の減少要因となる降水量の減少傾向や水不足量の経時変化、および河川などにおける移入種捕食者の分布を把握し、併せて移入植物による固有種の生息の場の喪失の可能性について検討を行う。

今年度の研究概要

父島の陸水域でオガサワラニンギョウトビケラ、オガサワラモクズガニの2種について分布調査を行い、過去のデータと比較する。特に、オガサワラモクズガニについては河口閉塞に伴う新規加入の阻害の可能性が疑われるので、河川感潮域に人工基物を設置してメガロパの着底個体数と塩水の入り込みとの関係を調べる。また、昨年度に引き続き、ダム湖および周辺の河川の環境と固有水生生物の分布との関係について研究を行う。

備考

共同研究者:小林哲(佐賀大学)

関連する研究課題
  • 0 : その他の研究活動(生物圏環境研究領域)

課題代表者

佐竹 潔

  • 生物・生態系環境研究センター
  • シニア研究員
  • -
  • 生物学
portrait