ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

ジフェニルアルシン酸の発達影響に関する行動毒性学的研究(平成 19年度)
Behavioral toxicological study for developmental effects of diphenylarsinic acid

予算区分
AF 奨励
研究課題コード
0607AF443
開始/終了年度
2006~2007年
キーワード(日本語)
ジフェニルアルシン酸,行動,脳,発達,マウス
キーワード(英語)
DIPHENYLARSENIC ACID, BRAIN, DEVELOPMENT, BEHAVIOR, MOUSE

研究概要

幼若期のジフェニルアルシン酸への暴露が、成長後の脳機能に及ぼす影響を動物実験により検討し、影響の有無、影響の特徴及び無作用量を明らかにする。

研究の性格

  • 主たるもの:応用科学研究
  • 従たるもの:

全体計画

周産期(胎児ー乳児期)に母獣にジフェニルアルシン酸溶液を与え、母体をとおして仔獣に暴露する。離乳後通常条件で仔獣を飼育する。十分に成長した時点から各種行動試験を網羅的に実施する。実施する試験は、運動活性の測定、協調的運動能力の測定、条件回避反応試験、受動的回避反応試験、高架式十字迷路試験等である。各試験について影響の有無、用量ー効果相関を決定し、ジフェニルアルシン酸の影響の特性を明らかにすると共に、無作用量を検討する。

今年度の研究概要

周産期にジフェニルアルシン酸を暴露した動物を作成する。成長後、順次各行動試験を実施する。

関連する研究課題
  • 0 : その他の研究活動(化学環境研究領域)

課題代表者

梅津 豊司

  • 環境リスク・健康研究センター
    生体影響評価研究室
  • 室長
  • 医学博士
  • 医学,薬学,生理学
portrait