ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

極東ロシアを中心とした絶滅危惧種イトウの保全管理計画(平成 19年度)
Conservation planning for the endangered Sakhalin taimen in the Far Eastern Russia

予算区分
AF 奨励
研究課題コード
0607AF999
開始/終了年度
2006~2007年
キーワード(日本語)
イトウ,絶滅危惧1A類,極東ロシア,生息環境予測モデル
キーワード(英語)
Sakhalin taimen, Critically Endangered Species, Far Eastern Russia, predictive habitat models

研究概要

2006年IUCN(国際自然保護連合)により絶滅危惧IA類に指定された日本最大の淡水魚類イトウ(Hucho perryi)の生息環境で特に重要な産卵場所が、どこに位置するかについての地理情報は乏しく、本種の適切な保全、管理手法が打ち出されていない。極東ロシアは近年急速に森林資源、石油・ガス資源の開発が進められており、河川環境の破壊も著しい。本研究はイトウを含め、絶滅危惧生物の生息域全域をカバーする広域的かつ効率的な保全に向けて、リモセンやGISを活用した潜在生息域の推定モデルの開発を目標とする。

研究の性格

  • 主たるもの:応用科学研究
  • 従たるもの:技術開発・評価

全体計画

北海道ではイトウの潜在生息モデルが構築済みである(H17)。そこで、
1)この潜在生息モデルにインプットとして極東ロシアの環境要因を入力し、現地における本種の生息確率分布を明らかにする。
2)モデリング結果を検証するために、2007年夏にヘリコプターを用いて現地に赴き、複数地点で小型定置網を使った魚類調査を行う。なお、現地調査は米国のNPO, Wild Salmon Center(WSC)とロシア太平洋漁業海洋研究所(ロシア科学アカデミー)との共同研究の一環として行われる。
3)調査地点ごとのイトウの採捕努力量あたりの採捕数から、生息密度の指標値を得る。採集個体は、年齢査定のためのウロコ採取、またDNA解析のための組織を一部採取したのち、放流する。
4)北海道におけるイトウの産卵場の分布を補足的に調べる(1名、約2週間)。H17後期奨励で開発した高解像度デジタル航空撮影によるイトウ産卵個体の検出技術を応用する(ただし、撮影に関しては別予算から拠出)
5)WSC (Portland, Oregon)にて研究打ち合わせ(1名、1回)

今年度の研究概要

極東ロシア・コッピ川上流域へ日米ロの調査団が赴き、約2週間、イトウの産卵河川の特定を行う(2007年6月上旬)。同時期にFORMOSAT画像を取得し、北海道で蓄積されたデータをもとに北海道のイトウ産卵河川と環境の似通った河川を抽出する。現地調査によるデータはその検証に用いる。

備考

亀山哲(アジアG・流域生態系研究室)・島崎彦人(アジアG・流域生態系研究室)・Pete Rand (Wild Salmon Center, Portland, Oregon, USA)・Sergei Zolotukhin (TINRO, ロシア科学アカデミー, Khabarovsk, Russia)

関連する研究課題
  • 0 : アジア自然共生研究グループにおける研究活動

課題代表者

福島 路生

  • 生物・生態系環境研究センター
    生態系機能評価研究室
  • 主任研究員
  • 水産学博士
  • 水産学,農学,生物学
portrait

担当者

  • portrait
    亀山 哲生物・生態系環境研究センター
  • 島崎 彦人