ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

DNAチップを用いた有害化学物質の健康影響評価手法の開発(平成 19年度)
Development of methods for health effect assessment of hazardous chemicals using DNA chip

予算区分
BX 環境-その他
研究課題コード
0307BX015
開始/終了年度
2003~2007年
キーワード(日本語)
DNAチップ
キーワード(英語)
DNA chip

研究概要

環境汚染化学物質の健康影響を、包括的、簡便、短時間、高感度かつ安価に検知・予測することが可能な、コンパクトな環境ストレスDNAチップを開発する

研究の性格

  • 主たるもの:技術開発・評価
  • 従たるもの:

全体計画

呼吸器系への影響、アレルギー・免疫関連疾患の病態、反応の増悪、肝への影響を検知予測することが可能な遺伝子群を選抜し、簡便、短時間、高感度かつ安価に影響を検知・予測することが可能な、コンパクトな環境ストレスDNAチップを作製する。

今年度の研究概要

環境汚染化学物質の呼吸器系への影響、アレルギー・免疫関連疾患の病態、反応への増悪影響を検知・予測するために選抜した遺伝子を搭載したチップを作製し、再現性、有用性を検討して、完成品を作製する。肝への影響を検出するチップについては、適用範囲を検討し、さらに有用性、実用性を高めたチップを完成させる。

関連する研究課題
  • 0 : その他の研究活動(環境健康研究領域)

課題代表者

野原 恵子

  • 環境リスク・健康研究センター
  • フェロー
  • 学術博士
  • 医学,生化学,生物工学
portrait

担当者

  • 高野 裕久
  • 尾村 誠一
  • 柳澤 利枝環境リスク・健康研究センター