ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

資源循環・廃棄物処理に関するデータベース等の作成(平成 18年度)
Building database on resource cycling and waste treatment

予算区分
AB 政策対応型
研究課題コード
0610AB454
開始/終了年度
2006~2010年
キーワード(日本語)
資源循環,廃棄物処理,技術,物質フロー,循環資源,廃棄物
キーワード(英語)
RESOURCE CYCLING, WASTE TREATMENT, TECHNOLOGY, MATERIAL FLOW, RECYCLABLE RESOURCE, WASTE

研究概要

資源循環、廃棄物処理処分分野における技術開発情報やニーズ情報を継続的に 収集・整備して取りまとめ、今後の研究プロジェクトの企画・実施(モデル事 業化)等のための技術データベースとするほか、廃棄物処理・リサイクル部門 の物質フロー及びスラグ等の再生製品や有機性循環資源の組成等に関するデー タベースを作成し、公開する。

研究の性格

  • 主たるもの:モニタリング・研究基盤整備
  • 従たるもの:

全体計画

2006年度:データベース全体、及び個別テーマのデータベースの枠組みを設計するとともに、データの収集・整備を開始する。個別のテーマは「a資源循環・廃棄物処理技術データ」「b物質フローデータ」および「c循環資源・廃棄物データ」に大別する。2007〜2008年度:aについては、廃棄物系バイオマスに対する技術を中心に技術データの収集・整備を進める。bについては、日本全体の物質フローに関するデータベース、石油製品・石油化学製品のフローに関するデータベースを構築し、公開する。cについては、溶融スラグ、焼却残渣、鉱滓等のデータを集積し、データベースとして公開する。 2009〜2010年度:aについては、データの更新を行った上で、構築したデータベースを公開 する。bについては、新しく公表される2005年産業連関表に対応させた環境負荷・廃棄物データベースを構築し、公開する。cについては、廃棄・処分過程における循環資源・廃棄物データを中心にデータを集積し、データベースとし て公開する。

今年度の研究概要

 データベース全体、及び個別テーマのデータベースの枠組みを設計するとともに、データの収集・整備を開始する。「物質フローデータ」については、日 本全体の物質フローに関するデータ、石油製品・石油化学製品のフローに関するデータの収集・整備を進める。「循環資源・廃棄物データ」については、前 期中期計画期間中からデータの収集・整備を行ってきた有機性循環資源の組成等に関するデータベースを整理し公開する。また、地方自治体環境研究機関と連携しつつ、循環資源・廃棄物データの集積を図る。

関連する研究課題
  • 0 : 資源循環・廃棄物処理に関するデータベース等の作成(知的研究基盤の整備に掲載)

課題代表者

森口 祐一

担当者

  • 井上 雄三
  • 貴田 晶子
  • 大迫 政浩資源循環・廃棄物研究センター
  • 山田 正人福島支部
  • 倉持 秀敏資源循環・廃棄物研究センター
  • 橋本 征二
  • 藤井 実社会環境システム研究センター
  • 南齋 規介資源循環・廃棄物研究センター
  • 山田 亜矢
  • 高橋 史武